1. 塾選(ジュクセン)
  2. 学校を探す
  3. 受験者のプロフィール・口コミ
生徒
2024年度高校受験

青森県立弘前高等学校への合格体験記(中2から学習開始時の偏差値58)東進ハイスクール/東進衛星予備校出身

回答者
保護者
学習開始時の偏差値
58
受験直前の偏差値
68
学習時間
一日2〜3時間
月額費用
40,000〜50,000円

受験者のプロフィール

進学前に通っていた学校

公立 中学校

志望していた学校・受験結果

志望順学校名合格判定受験結果
1青森県立弘前高等学校A判定合格
2青森県立弘前中央高等学校A判定未受験
3東奥義塾高等学校A判定合格

通塾期間

中2
中2冬
  • 冬期講習受講
中3春
  • 春期講習受講
中3夏
  • 夏期講習受講
中3冬
  • 冬期講習受講

学習開始時偏差値分布

参考にした模試:全県テスト

1日あたりの学習時間推移

塾の授業家庭・自習
中1通塾していない2〜3時間
中22〜3時間1〜2時間
中32〜3時間2〜3時間

受験時の得意科目・苦手科目

得意科目

英語

苦手科目

国語

受験者の口コミ

受験の結果

満足度4

合格できたこと自体に満足している。点数も十分に取ることができたが数学でケアレスミスをしたので少し悔いが残っている。

受験活動全体を通して、特に実践してよかったこと

・偏差値を気にしすぎず、通える範囲で学校見学に行ったこと

学校の定期試験、週2回の塾、塾で行われる試験、それぞれのスケジュール管理をしっかり行い、試験勉強を充実させていた。曜日ごとに何を勉強するか計画を立てその通り実践していた。週2回の塾では数学と英語を学習するので、それ以外の曜日は数学と英語以外の教科を中心に勉強した。

もし受験活動開始時に戻れるとしたら、当時の自分にどんなアドバイスをしますか?

自分を信じて継続して学習することで必ず合格できる。自己達成できる。

志望校選び

満足度4

志望校を決める際にもっとも役立ったもの

塾からの情報

志望校は塾での成績を参考にして決めた様子。学校の定期試験は教科書のなかから出るので、日頃の授業や予習復習をしっかりしていれば十分に点数を取れるので、志望校を決める決め手にはならなかった。塾の試験は学校の教科書以外の問題が多数出題されるので、毎回挑戦する気持ちで受けていた。学校で学習する内容以外のことに自分がどれだけ対応できるかということが支えになったと思う。

志望校を決める際にどんなレベル分けをしていたか

本命自身の偏差値ちょうど
滑り止め自身の偏差値ちょうど
チャレンジ校自身の偏差値ちょうど

確実であることが基準であったので、自分の偏差値以上のところも以下のところも志望校の決め手にはならなかった。

もし受験活動開始時に戻れるとしたら、志望校を選ぶにあたって当時の自分にどんなアドバイスをしますか?

自分を信じて継続して学習することで必ず合格できる。自己達成できる。

塾での学習

満足度4

受験時に通っていた塾

ココがポイント
  • 何万人をも志望校合格へ導いてきたエキスパートによる人気授業
  • 高速学習など、短期間で効率よく学力を高める学習システム
  • 志望校合格にむけた設計図作成&担任によるアドバイス
合格者インタビュー(3) 口コミ(266)

塾の費用について

通塾頻度月額の費用
中1通塾していない通塾していない
中2週2日30,001~40,000円
中3週2日30,001~40,000円

塾を選んだ理由

自宅から近かった、すでに通塾していた学校の友人からの情報も役にたった。

通塾することで最も大きく変化したこと

◎短期間で偏差値が向上した/得意科目の成績が向上した

通塾前から自分なりに参考書等で学習し、徐々に学校の成績が上がり始めたときに通塾を開始した。学校で習ったこと以外のことを学習することで知識の量が増えた。学校で学習した基礎基本を、塾で応用として学習できたことで知識がより深まった。「わかる」と言う場面が増えた結果、勉強することが楽しくなり、当たり前のようになった。

通塾することで変化したこと

・短期間で偏差値が向上した/得意科目の成績が向上した

・予習/復習など自習の習慣がついた

・受験ならではのテクニックが身についた(時間配分など)

併塾の経験はありますか?

いいえ

転塾の経験はありますか?

いいえ

もし受験活動開始時に戻れるとしたら、塾での活動について当時の自分にどんなアドバイスをしますか?

自分を信じて継続して学習することで必ず合格できる。自己達成できる。

塾以外の学習

満足度5

サポート体制

満足度5

家庭での取り組み

・子供の勉強時間には親も資格勉強や読書等を実施した

・子供の勉強中は家族もテレビを消すなど、勉強の環境作りを心がけた

・親も一緒に問題を解くなどを実施した

・生活リズムが崩れないように心がけた

通塾前から自分なりに参考書等で学習し、徐々に学校の成績が上がり始めたときに通塾を開始した。学校で習ったこと以外のことを学習することで知識の量が増えた。学校で学習した基礎基本を、塾で応用として学習できたことで知識がより深まった。「わかる」と言う場面が増えた結果、勉強することが楽しくなり、当たり前のようになった。

もし受験活動開始時に戻れるとしたら、家庭での活動について当時の自分にどんなアドバイスをしますか?

親は正直中学校のレベルになると教えてあげられない教科が出てくると思うが、教えてあげることができなくても、似たような問題をネットで探して解き方を提示したり、違うことをしていても一緒に起きているだけでこどもは安心できると思う。実際、うちのこどもは、何か聞いてくることはあまりなかったが、「辛い」とか「わからなくて不安」とか、感じた時に親にぽろっと教えてくれた。リアルタイムで傾聴したり声をかけてあげられたことも良かったと思う。

塾の口コミ

東進ハイスクール/東進衛星予備校 の口コミ

生徒
アクセス・周りの環境5
回答者
生徒
回答時期
2022年

掲載をお考えの学習塾様へ

初期費用無料で掲載可能
お気軽にお問い合わせください