お子様に最適な塾をお探しならベスト塾ガイド!

全国39,446教室掲載!日本最大規模の塾検索サイト

2021/09/17
公開

【中学生】冬休みのおすすめの勉強法は?平均勉強時間や注意点なども解説!

中学生の冬休みは夏休みよりも期間が短く、またクリスマスや年末年始といったイベントもあることから、あっという間に終わってしまいます。しかし学校の成績アップや高校受験で志望校に合格するためには、効率的に勉強を進めていかなければいけません。今回は中学生の冬休みのおすすめ勉強法について、平均勉強時間や注意点と一緒に解説します。

中学生の冬休みに勉強時間はどれくらい必要?

多くの地域で冬休みは約2週間ほどしかありません。短い期間にイベントや部活動などで忙しくなるため、前もってどのくらいの勉強時間が必要なのかを理解しておくことが大切です。中学生にとって必要な勉強時間を知ることで、時間配分を上手にできるようになるでしょう。まずは学年別に必要となる勉強時間と、科目ごとの勉強時間について紹介します。

【学年別】冬休みの理想の勉強時間は?

冬休みは期間が短い分、基本的には夏休みと比べて1日の勉強時間を多く確保しなければいけません。具体的な勉強時間は子どもの学力や高校受験の有無、志望校のレベルなどによっても異なりますが、以下で一般的に理想とされている勉強時間を見ていきましょう。

中学1・2年生は最低2時間、理想は3時間程度

まずは中学1・2年生です。
学校から課されている宿題の他、苦手科目の克服などに1日最低でも2時間、できれば3時間は確保しましょう。よほど厳しい部活動に参加していない限り、冬休みは部活動の時間が少なくなって勉強時間を確保できるはずです。

中学1・2年生で習う学習項目は、中学3年生で習う学習項目の基礎となるもの。冬休みのうちに基礎をしっかり固めておけば、受験学年に上がってからの苦労が少なくて済みます。

高校受験を控えた中学3年生は8時間程度が理想

高校受験を間近に控えた中学3年生の場合、冬休み期間1日8時間は勉強してください。部活動はすでに引退しているはずなので、受験勉強に思いっきり専念できるはずです。

冬休み中の勉強の成果が、志望校合格を左右するといっても過言ではありません。効率の良い学習方法も大切ですが、その前に相応の勉強時間もしっかり確保しておきましょう。これまでに長い時間をかけて勉強した経験がないと、いきなり1日8時間の学習は大変かもしれません。1日目は3時間、2日目は4時間、3日目は5時間と、少しずつ勉強時間を伸ばしていく方法もおすすめです。

科目別の勉強時間は?

続いては科目ごとに、どのくらいの勉強時間をかければ良いのかを紹介します。

1科目1時間の勉強が理想的

国語と数学、英語、理科、社会と科目によって勉強時間を変える必要は基本的にありません。理想的なのは、それぞれの1科目につき1時間の勉強を費やすことです。1時間より短いと十分な学習量が確保できず、反対に1時間以上勉強すると集中力が欠けて効率性がダウンします。例えば中学1年生が1日に2時間勉強する場合は2科目、3時間勉強する場合は3科目に絞るようにしてください。

同じ科目を2時間やる場合は、1時間ごとに区切る

苦手科目を克服する場合、時間をたくさんかけて集中的に勉強する必要が出てきます。しかし同じ科目でも1時間以上続けて勉強すると集中力が途切れてしまうため、1時間ごとに区切るようにしましょう。1時間勉強したら他の科目に移ったり、続けて勉強する場合は間に休憩をはさんだりすると能率が上がります。

ポイントは「効率のよい学習計画」

これまでに冬休み中の理想的な学習時間について説明しましたが、ただ闇雲に勉強すれば成績が上がるわけではありません。得意科目や苦手科目は子どもによって異なるように、一人ひとりが持つ学習ニーズはさまざまです。

そのため「効率のよい学習計画」を立てることで、冬休み中の学習成果を何倍にも高められるようになります。続いては効率のよい学習計画について見ていきましょう。

効率のよい学習計画とは?

冬休みに入る前に、必ず冬休み中の学習計画を立ててください。宿題や塾の課題、苦手科目の克服、問題集への取り組みなど、やるべきこととやりたいことをピックアップします。いつまでに終わらせるのかの目標を立て、いつ取り組むのかも明確にしておきましょう。学習計画を立てる際は、以下のことに注意してください。

宿題を優先し、年内に終えることが理想

学校の宿題が課される場合、他の勉強よりも優先して取り組み、できれば年内には終わらせてしまいましょう。多くの学校では冬休み明けに実力テストが課されるため、残りの期間を実力テスト対策に充てたいからです。

宿題の量や難易度にもよるものの、冬休みに入ってから集中して取り組めば、年内には十分終わらせられるはず。子どもにとっては大変かもしれませんが、早めに宿題を終わらせておけば気持ちもラクになり、残りは自分のペースで勉強できるようになります。

総復習は無理、苦手単元を中心にテスト勉強の計画を立てる

子どもによっては「これまでに学んだ内容をすべて復習する!」と、意気込んでいるかもしれません。しかし冬休みは期間が短いことから、総復習をするのは困難です。あまりにも復習する量が多くてすべてをカバーできず、中途半端に終わってしまう可能性が高まります。

おすすめなのは苦手な単元を中心に、実力テスト対策の計画を立てること。限られた時間の中で苦手な単元に絞って勉強することで、効率的な成績アップが期待できます。これまで解いた問題の中で、間違えた箇所を中心に復習していきましょう。ただし間違えた箇所がたくさんある場合、基礎項目を理解していない可能性があります。その場合は基本問題を中心に解いて、基礎事項だけでも頭の中に入れておくようにしてください。

部活やイベントをしっかり考えよう

子どもによっては学校の部活動に参加していたり、イベントへの参加で忙しかったりすることもあるでしょう。部活やイベントでスケジュールがつまっている場合、それぞれ次の点に注意してください。

部活動をしている場合

冬休みも部活動がある場合、多くのケースで平日は部活動への参加で終わってしまいます。部活動が終わる時間によっては疲労が大きく、自宅に帰ってから勉強できないかもしれません。部活動が休みの日にまとめて勉強時間を確保し、集中的に勉強するようにしましょう。効率的に成績を上げるために、苦手な箇所に絞って復習するようにしてください。

イベントなどの予定が多い場合

クリスマスや年末年始などを含めて、イベントに参加する機会が多い子どもの場合、まずは年内に宿題を終わらせることを意識しましょう。年明け以降はそれぞれのペースに合わせて、復習や予習の予定を入れ、無理のないようなスケジュールを組みます。

冬期講習を利用して効率よく復習しよう

冬休み中の勉強能率をアップさせる方法の一つに、冬期講習へ参加する方法もあるでしょう。多くの学習塾では通常授業とは別に冬期講習を開催しており、たくさんの中学生が参加しています。

例えば「自分では上手く学習計画を立てられない」子どもの場合、すでに作成された学習カリキュラムに沿って勉強をスタートできるはずです。そして「スケジュール管理ができず、勉強に集中できない」子どもの場合、必然的に勉強する時間が確保され、また自習室や自習スペースを活用して勉強に集中できるようになります。冬期講習の概要については下記の記事で解説しているので、ぜひ一読してみてください。

塾の冬期講習について徹底解説!いつから開始?参加メリットや費用など
冬期講習とは?
冬期講習の目的について
冬期講習に参加する際の注意点
冬期講習の平均費用・相場
冬期講習はいつから?
冬期講習だけを受けることはできるの?

【学年別】勉強方法や学習ポイントをご紹介

冬休みの主な勉強方法や内容は、学年によって異なります。学年ごとの勉強方法や主な学習ポイントをチェックしていきましょう。

中学1年生

中学1年生は夏から冬にかけて、学習内容がグンと難しくなります。実力テスト対策だけでなく、3学期以降の授業理解を目的とした復習もポイントです。

英語・数学を重点的に復習する

主要5科目の中で、特に優先して復習してもらいたいのが英語と数学です。英語と数学は積み上げ式の科目のため、一度つまずくとその後の勉強が身に付きません。英語は「be動詞と一般動詞」と「疑問詞」、数学は「文字式」と「方程式」の単元を完璧に理解しておきましょう。

学習習慣を身に付ける

成績が優れている子どもと優れていない子どもを分けるのは、自宅学習の量と質です。基本的な学習習慣を身に付け、どれだけ自宅学習で量と質を上げられるかが、成績アップのポイントといえるでしょう。

自ら行動できる習慣へと改革することで、受験までの差を大きく付けられるようになります。まだ学習習慣が身に付いていなければ、冬休み中に毎日勉強をして、自宅学習に慣れておくようにしてください。

中学2年生

中学2年生はまだ高校受験までに時間があるものの、スムーズな受験勉強スタートに向けた重要な時期です。基本的には苦手科目の学習を中心におこない、さらに1・2年生の総復習がポイントとなります。

宿題・2学期の復習+苦手科目にも力を入れる

まずは学校の宿題を通して、2学期の復習をしてください。苦手科目がある場合は他の子どもとの差も大きくなってきている頃なので、いまのうちにできるだけ克服しておきましょう。苦手科目の克服を通して自信が生まれ、勉強へのモチベーションも高まります。

気持ちを受験モードへシフトチェンジ

冬休みが終わると3学期、そしてあっという間に受験学年となる中学3年生を迎えます。中学3年生になった途端に焦らなくて済むよう、冬休みのうちに気持ちを受験モードへシフトチェンジしましょう。

日々の勉強だけでなく高校受験の仕組み、公立高校と私立高校の違い、過去の受験生の体験談といった情報を収集しておくのがおすすめです。

中学3年生

受験間際となるのが中学3年生の冬休みです。過去問演習と知識の最終確認を中心とし、さらに余裕があれば詰め込みで知識を増やしていけると良いでしょう。

過去問を利用して受験勉強の総仕上げ

ほとんどの中学3年生は志望校が絞れているはずなので、志望校の過去問を利用して受験勉強の総仕上げをしてください。間違えた問題を中心に教科書や参考書で復習をして、知識の採取確認を図ります。

余裕があれば詰め込み学習で知識量を増やす

もし余裕があれば、詰め込み学習で知識量を増やしていきましょう。例えば理科や社会は暗記が中心となる科目のため、とにかく重要事項を頭の中に入れるだけでも得点につながります。また国語の漢字の読み書きや慣用句、英語の単語や熟語なども、できるだけ暗記するだけで、得点アップが期待できるでしょう。

有意義な冬休みにするための注意点と対策

子どもによっては勉強時間を確保できなかったり、勉強効率が悪くなったりすることも考えられます。最後に有意義な冬休みにするための注意点と対策を見ていきましょう。

時間の確保が難しい場合の原因と対処法

部活動が忙しい場合は前述したように、部活動がない日に集中的に勉強に取り組むことが大切です。

また学校の宿題が1月に入ってもなかなか終わらない場合、十分な勉強時間を確保できていないのかもしれません。思いきって丸1日を宿題に充てるようにしてみましょう。「1日がかりで絶対に終わらせる」といった覚悟を持ち、朝の早い時間から宿題に取り組むのが効果的です。

勉強効率が悪くなる原因と対処法

分からない問題をいつまでも考えていると、必然的に勉強の効率が悪くなります。少し考えても分からない問題は、すぐに解説に目を通してしまいましょう。すぐに解説を読んで理解した方が効率的です。

またすべての学習項目を復習するのも、勉強効率が悪くなる原因の一つです。苦手な分野やこれまでに間違えた問題を中心に勉強することで、効率性がアップします。

年末年始の誘惑に流されないための対処法

年末年始は親戚が集まったり、テレビで特番が放送されたりと、中学生にとっての誘惑が目白押しです。

誘惑に流されないように、まずはスケジュール管理をしっかりしましょう。無理のない範囲で勉強計画を立てておくことで、年末年始でも勉強を続けられるようになります。
冬期講習を受けるのも良いですね。必然的に通うことになるため、誘惑に流される心配が不要です。さらに不規則な生活にならないように、睡眠や体調管理にも気を付けてください。

冬休みだからできる特別な体験もおすすめ

もちろん勉強も必要ですが、冬休みにしかできない特別な体験も大切にしたいところ。さまざまな体験を通して勉強では得られない、貴重なものを得られるはずです。おすすめの体験の一つが、海外ホームステイや留学。日本とは言葉も文化も違った国で生活することで、子どもの視野はどんどん広がっていきます。

2つ目は英語キャンプです。英語学習を目的に、5日ほどのキャンプを開催しているところがあります。単に英語を習うのではなく、英語を使って思考力を高められるキャンプもあるため、将来的に英語を習得したい子どもにピッタリです。

またスキーやスノーボードといったウィンタースポーツも、勉強のリフレッシュになります。ただし怪我をするリスクもあるため、特に中学3年生は避けるのが無難です。

まとめ

冬休みに中学1・2年生は1日2~3時間、中学3年生は1日8時間の勉強を目標としましょう。学年ごとに主な学習ポイントは異なるため、今回紹介した記事を参考にして学習計画を作るようにしてください。
 

・関連記事 ~この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます。

塾の冬期講習について徹底解説!いつから開始?参加メリットや費用など

【中学生】おすすめの冬期講習10選!特徴や費用、選び方も紹介

高校受験生の冬期講習を徹底解説!受けるメリットや注意点なども紹介

【中学生】無料・低価格で通える「冬期講習」を紹介!特徴や相場も解説

【高校受験】中学生の塾費用について徹底解説!大手塾の料金も紹介

近くの塾を探す