1. 塾選(ジュクセン)
  2. エース講師ファイル
  3. 渡部 航大先生(アクシブアカデミー)
#教え方がわかりやすい #子どものやる気を引き出せる スゴ腕!エース講師File

エース講師ファイル

生徒と同じ目線に合わせ、個性を尊重した指導をする若き名コーチ

渡部 わたべ 航大 こうだい 先生

アクシブアカデミー

プロフィール

出身地:
神奈川県横浜市
出身大学:
早稲田大学 商学部
講師歴:
3年
担当教科:
コーチとして全生徒・全教科の学習管理やカリキュラム作成を担当
塾講師になった理由:
①自分の個性を活かすことができる ②大学受験という人生の岐路とも言える大切な時期をサポートできるというやりがいがある
趣味:
ゲーム、漫画、音楽、Youtube鑑賞
渡部航大先生

エース講師ファイル推薦ポイント

  • 教えた生徒の成績を着実に向上させてきた実績がある(学校の成績や偏差値など)
  • 教えた生徒の志望校合格率実績が他講師より秀でている
  • どんなレベルの生徒にも寄り添うことができ、根気強く指導を行っている
  • 生徒や保護者からの相談にとことん親身で、厚い信頼が寄せられている

受験戦略に熟知した講師です。一般受験において、偏差値46から法政大学に合格させたり、第一志望の国公立に合格させるなどの実績多数。また、国公立大学の推薦を利用して合格させたり、入学時は偏差値50にも満たない生徒を倍率17.5倍の総合型選抜で慶應大学合格に導くなど、総合型選抜や推薦においても実績があります。生徒や保護者からの信頼もあつく、私も信頼している名コーチです。

(推薦者:アクシブアカデミー 関東東海エリア長・及川翔太)

エース講師 渡部先生がいる塾はコチラ

アクシブアカデミー

対象学年
高校生 / 高卒生
授業形式
個別指導 / 完全個別指導 / 通信教育
アクシブアカデミー
詳細を見る

インタビュー

  • ——この度、関東東海エリア長よりエース講師に推薦されましたが、ご自身ではどのように受けとめられていますか?

    まだまだ私自身未熟ですので大変恐縮ではありますが、選んでいただきありがたい気持ちです。と同時に、もっと成長しないといけないと更に気が引き締まる思いです。成績向上や大学合格という結果を出し、それを生徒や保護者様に評価をいただいてこその仕事ではあるので、これまでの仕事ぶりを見た上で社内でも評価いただけるのは素直に嬉しいです。今後の励みになります。

  • ——先生ご自身はどのような学生生活や受験を経験されてきたのでしょうか?

    小さい頃から両親には「勉強しなさい」と言われて育ったこともあって、当時はどこか勉強をやらされている感覚が強かったかもしれません。今となっては私のことを思っての発言だったとわかっているので、両親にはとても感謝しています。はじめて塾に通ったのは小学4、5年だったと思います。

    中学受験はしなかったので、高校受験がはじめての受験でした。中3の夏まで部活に打ち込んでいたので、引退後からギアを入れて勉強に集中!自分が志望していた高校の専用コースがある塾に通った結果、第1志望だった進学校に合格できました。

    中学までは自分の学力は上位でしたが、高校では自分よりはるかに優秀な人に囲まれて過ごすことに。今思い返しても、周囲ほど勉強はしていなかったと思います。それでも国公立の理系を志望してはいたので、高3になる頃には集団塾と映像授業を併用しながら受験勉強に励むも不合格。

    浪人時の受験勉強は戦略を変えるところからスタートしました。理科に課題があったので、思い切って文転し、文系の中でも自分の得意な数学を使える経済学部や商学部を考えるようになったのです。それで、大手の予備校の志望校対策コースに通い、早稲田大学商学部に無事合格することができました。

  • ——早稲田大学ご卒業後はすぐにアクシブアカデミーに入社されたのでしょうか?

    いいえ。新卒では住宅メーカーに入社し、4年間ほど営業を担当していました。しかし、営業を続けていくうちに、顧客のためというより、ノルマや給料など自分のために働いている感覚が強くなってきたんです。そこで、より顧客のためを思って働くことができ、より自分に向いている仕事は何かと真剣に考えたときに、大学生のときにアルバイトしていた個別指導塾を思い出しました。教えることが好きですし、目の前の生徒に指導できるので、自分のためより顧客のためを思って働くことができる。そこで、塾業界に入ることを決めました。

  • ——そうだったんですね。生徒として様々な塾をご経験されてこられた渡部先生にとって、アクシブアカデミーのどんなところに魅力を感じましたか?

    多くの塾や予備校は、主に一般受験を重視して科目指導に力を入れていると思います。それに対して、アクシブアカデミーは生徒の個性に合わせて色々な選抜方式を考えて提案する塾なんですね。生徒によっては勉強より部活動に力を入れている生徒もいますし、スピーチが得意な生徒もいれば、文章を書くのが得意な生徒もいます。

    最近の大学受験は一般受験だけでなく、学校推薦型選抜や総合型選抜の占める割合もかなり高くなっているので、選抜方式全体を考えて、その生徒の個性に合わせて提案していくことが重要だと思います。そういったことを含めて指導を行っているところは魅力ですね。

    また、各科目の授業・勉強ももちろん重要ですが、勉強の仕方、勉強量の確保、学習習慣の確立がより重要なので、授業・勉強だけでなく、そういった根本原因を解決することに徹底的に力を入れているところにも魅力を感じています。

    個別指導のアクシブアカデミーでは、学習管理やカリキュラムを作成する”コーチ”と科目指導を行う”トレーナー”に分かれた体制をとっております。私はコーチを担っているため、特定の科目の授業をする訳ではなく、生徒に学習管理やカリキュラム作成を行い、根本原因を解決していくのが主な仕事です。

  • ——今回、様々な合格実績を出されていることが、エース講師として推薦された大きなポイントだと思いますが、高い合格実績の要因は何だとお考えでしょうか?普段の指導やコミュニケーションにおいて、心がけていることをお聞かせください。

    生徒と同じ目線に合わせてコミュニケーションすることを心がけています。生徒の中には、心の中では勉強したくないのに、勉強させられている生徒もいる。そういう生徒の気持ちをちゃんとわかってあげるということですね。

    昨年、私が今の教室にコーチとして着任したときに、高校1年生の生徒を引き継ぎました。その生徒は勉強のやる気もなくて、宿題もやらず、塾に来ない日もあって大変でした。ただ、こういう生徒に感情的になって正論を言っても響きません。まずは生徒と同じ目線に合わせて、生徒の気持ちに共感することからはじめました。

    その上で勉強する意味や大学に進学した先の話をしていったんです。そして、その生徒に少しだけ負荷をかけて、できることから提案して宿題の約束を毎回するようにしました。時間をかけながらではありますが、生徒の気持ちが徐々に高まり、高校2年生になる頃には週4〜5日は通塾するように。模試の成績も順調に上がってきております。今年受験生ですので、受験結果が楽しみですね。

  • ——科目指導についてはトレーナー(講師)が行うスタイルとのことですが、コーチである渡部先生がトレーナーとのコミュニケーションで大切にされていることは何でしょうか?

    指導力において重要なのはやはり、どれだけ生徒と同じ目線に合わせることができるかどうかですね。従って学力が高いトレーナーが必ずしも指導力が高いとは言えないと思っています。そのため、トレーナーに指導・指示する際も目線の合わせ方に1番力を入れています。また、トレーナー1人ひとりの個人技にならないようにするのも重要なので、どのトレーナーにも具体的なイメージを伝えて、皆が同じような指導ができるように気をつけています。

渡部航大先生と教え子

▲生徒と同じ目線に合わせて、1人ひとりの個性を尊重して指導することが大切だと話す渡部先生。その姿勢が数々の合格実績を生んでいるのだと納得しました。

エース講師 渡部先生がいる塾はコチラ

アクシブアカデミー

対象学年
高校生 / 高卒生
授業形式
個別指導 / 完全個別指導 / 通信教育
アクシブアカデミー
詳細を見る
  • ——先生は受験戦略においても熟知されていらっしゃるとのことですが、戦略はどのように決まっていくのでしょうか?

    まずは生徒や保護者様のニーズを聞きますね。その上で、その選抜方式の情報、他の選抜方式や受験科目との比較、その選抜方式で受験する場合のメリット・デメリットを自分の主観ではなく客観的に伝えます。

    生徒や保護者様が持っている情報が正しいものとは限らなかったり、情報が不足していたり偏っていたりすることがあります。そのため、比較できる様々な客観的な情報を提示しながら、その上で生徒自身の長所や得意なことを踏まえて一緒に考えていきます。そして本当のニーズを明確にしてから、最終的に生徒や保護者様にどの選抜方式や受験科目で受験するか決めてもらうようにしています。

  • ——受験は情報戦と言われるほど、正しい情報取得は大切ですよね。現在、先生が指導について感じている課題感と今後の目標についてお聞かせください。

    生徒と同じ目線に合わせることが大切と言ったものの、まだまだ生徒を変えきれていないと悔しく感じることも多いので、自分の言動でもっと多くの生徒に変化を生めるようになりたいです。そのためにはもっともっと経験を積んで、その中で様々な言葉選びや結果を埋める行動というものをできないといけないと思っています。

    そして自分自身が成長した暁には、生徒と同じ目線に合わせられる人材を育て、生み出すことができる立場にならないといけないですね。自分自身にこれから蓄積されていく生徒指導のノウハウをしっかり人にも伝えられるような形に落とし込んで自分の中に確立することを今は念頭において日々働いています。本当に教育という分野は難しくて果てしない、深いな、と思い知らされます。

  • ——これから入塾されてくる方、入塾を検討している方に対してメッセージをお願いいたします。

    私自身これまで様々な塾に通ってきましたし、講師のアルバイトとして科目の指導経験もありますが、贔屓目なしにアクシブアカデミーは大学受験に必要なサポートが全て揃っている塾だと思っています。そして生徒の力になるためにどの塾にも負けないくらい生徒のことについて毎日頭を悩ませてくれる先生が各教室にいます。大学受験という人生の岐路に立たされている生徒の皆様、そしてそんなお子様をお持ちの保護者様、ぜひ通塾をご検討ください。一緒に頑張りましょう!

生徒から見た渡部先生

Uさん(卒業生)
とにかく親身という印象があります。厳しい言葉も結構かけてくるし、プレッシャーになることばかり言われるんですけど、それが優しさだと思っていました。普通なら言えないようなことでも言ってくれました。進路以外のことも話しやすい印象でアクシブに行くことがとにかく楽しみでした!

保護者から見た渡部先生

Oさん(高3)
入塾させて頂く際、先生のご指導の元でもし…受験が成功しなかったとしても…悔いはなく致しかたないことだと思っております。息子の人生を変えて頂き、非常に信頼しておりますので何卒今後共よろしくお願い申し上げます!
Kさん(高1)
現代文の参考書のチェックテストは先生が監修されていたんですね!プリントを娘に見せてもらってビックリしました!なんて手厚い塾なんだと。やはり、アクシブアカデミーさんに入塾してよかったです!

エース講師 渡部先生がいる塾はコチラ

アクシブアカデミー

対象学年
高校生 / 高卒生
授業形式
個別指導 / 完全個別指導 / 通信教育
アクシブアカデミー
詳細を見る

取材後記

学生の頃に様々なタイプの塾に通ってきた渡部先生。大学受験で1度悔しい思いをして乗り越えた経験。社会人になってから真剣に自分を見つめ直して選んだ塾の道。だからこそ、誰よりも生徒の気持ちに共感できるのでしょうし、結果として数々の合格実績も出せるのでしょう。はじめは勉強のやる気がない生徒でも渡部先生に指導してもらえれば、次第にやる気が芽生え、いつの間にか自ら勉強をするようになり、人生まで前向きになりそうです。まさにプロのコーチ・指導者として、日々生徒に寄り添っているのだと感じた取材でした。

この記事はインタビューを基に執筆されました。

文/堀田潤 編集/牛田雅子

すべての記事を見る

が選ばれる 3

  • 掲載教室数 100,618 教室
  • 生徒・ご家族
    口コミ
    192,481
  • 担当者が
    ひとつひとつ
    徹底取材

掲載をお考えの学習塾様へ

初期費用無料で掲載可能 
お気軽にお問い合わせください