お子様に最適な塾をお探しならベスト塾ガイド!

全国39727教室掲載!日本最大規模の塾検索サイト

市進学院

4.1

口コミ数: 136

千葉県難関校への高い合格率! 生徒と講師が互いに問いかけ学ぶ「共演授業」で、真の学力を養う

対象学年 小学生 中学生 高校生 浪人生

授業形態 集団指導 個別指導(1:複数)

市進学院 のポイント

 
  • 生徒と講師が互いに問いかける「共演授業」で、学力アップ
  • 家庭学習を含めた「学習サイクル」を徹底管理&サポート
  • 渋谷幕張、千葉高など、千葉県最難関校への高い合格率

先生や友達と楽しく過ごせる塾に通いたい

一方的に講師の解説を聞くだけでは飽きてしまう、完全マンツーマンの個別指導だと友達もできずつまらなそう…。そんな方には、市進学院をおすすめします。市進学院では、生徒と講師が互いに問いかけ、話し合い、学びあう「共演授業」を取り入れています。答えを解説するだけでなく解答に至ったプロセスから一緒に考えていく授業で、クラス全体で理解を深めていきます。 “なぜ”“どうして”を問う本当の学力が身に付く授業です。

難関校の受験対策をしたい

市進学院は、難関中学・高校・大学への合格実績が豊富です。特に千葉県内の難関校の受験対策をしたい人にもおすすめですよ。中学受験では渋谷幕張、東邦大東邦中など、高校受験では県立千葉、船橋などへの合格実績があります。第一志望への合格を勝ち取りたいとお考えなら、ぜひ検討してみてください。

「家庭学習」の習慣を身につけたい

まだ家庭学習の習慣が身についていない人にもおすすめです。高い学力を付けつけるためには、自ら進んで行う自立学習が必須。しかし家庭学習の習慣すら身についていないと、自立学習はできません。その点、市進学院では家庭学習をサポートする体制がバッチリ。学習計画表を使って目に見える形で学習を進められ、また講師によるチェックで家庭学習習慣を身につけることができます。

市進学院の評判・クチコミ

市進学院の評判・クチコミ

アクセス・周りの環境

4

回答時期:2021年頃

回答者: 生徒 / 中学1年生 / 週3日 / 志望校:慶應義塾高等学校 / 行徳校

アクセス・周りの環境

行徳校以外にも、本八幡校にも週一で通っていました。 本八幡校はいわば旗艦店になるので、いつもの教室では受けられない、さらにレベルの一つ高い授業を受けることができました。 国立や難関私立を目指すための専用の追加講義でした。(プレップという名前でした) この授業を受けるためにも先生からの推薦や資格がないといけなかったため、プレップに通っているのが、ある種のステータスでモチベーションに繋がっていました。 そして、間違いなくここで成績があがった実感があります。

市進学院の評判・クチコミ

成績向上・結果

5

回答時期:2021年頃

回答者: 生徒 / 中学1年生 / 週3日 / 志望校:慶應義塾高等学校 / 行徳校

目的と結果

小学校卒業までは公文式に通っていましたが、中学校に入学し、幅広く勉強をする必要があり、塾に入学しました。 目的は高校受験です。大学受験をする必要がない付属の高校を当初から目指しており、早慶のどちらかにいければ良いと考えておりました。 慶應義塾高校が第一志望でしたが、落ちてしまい、結果早稲田大学高等学院に進学しました。 英語の偏差値が高く、市進学院の中での模擬テストで74,5の偏差値がありました。英語を軸に各科目の講義を受けていました。

成績が上がった理由 / 下がった理由

先生の授業がとにかく面白かったです。 理系、文系で2人の先生が担当するのですが、どちらも色があって難しい問題も楽しく解けるような雰囲気でした。 確か文系の先生は、お笑い芸人志望の方だったので、特に面白かった記憶があります。 また、同じクラスの生徒のレベルが高く、模擬テストの結果が優秀な人(優秀な人は名前が全国に配られるプリントに掲載される)が多くいて、刺激をたくさん受けました。 個別塾ではなく、10~15人位の人数なので、切磋琢磨する雰囲気が自ずとでていました。

⇒すべてのクチコミを見る

市進学院 の取材内容

生徒と講師が互いに話し合う「共演授業」

少人数で行われる授業は、講師が一方的に指導をすることはありません。生徒と講師が互いに話し合う、「共演授業」を取り入れています。「共演授業」というのは、ただ単に問題の答えを問うのではなく、解答へ至ったプロセスを生徒に問う時間。生徒自ら考え、クラス全体で共有をすることで本当の学力を身につけることができるのです。

家庭学習を含めた「学習サイクル」の確立

市進学院は授業だけを提供しているわけではありません。家庭学習にスムーズに取り組めるよう「学習計画表」を週単位で作成し、配布。優先順位の高いものから取り組めるような工夫がされていたり、さらに授業前にも随時フォローする時間を設けたり。授業と家庭学習、トータルでの学習サイクル形成が可能となります。

チェックテストなどで生徒の理解度をチェック

最後はチェックテストや定例試験の実施です。毎回の授業ではチェックテストが行われます。前回の授業内容が理解しているかを見るもので、間違えた箇所があればその場で再度指導が行われます。さらに1~2カ月ごとに定例試験が行われ、これまでの授業で習った範囲が出題。生徒の理解度をチェックするだけでなく、志望校選びの参考にもなるでしょう。

担任制を採用!生徒の悩みをフォローアップ

まずは担任制の採用です。市進学院は個別指導塾ではありませんが、生徒一人ひとりに担任が付きます。毎日の学習に関することから志望校選び、そして受験のことまで幅広い悩みの相談に乗ってくれる心強い存在です。いつも見守っているためアドバイスも的確。悩みを解消して勉強に専念できますね。

徹底分析された「オリジナル教材」の活用

市進学院の授業では、学院オリジナルの教材を使用します。学院に所属している教材作成の専門スタッフが最新の入試傾向を徹底分析し、さらに現場で指導をしている講師たちの意見を取り入れて作成したオリジナル教材。普段の授業用教材だけでなく、家庭学習用やさらに高いレベルを付ける用などバリエーションも豊富です。

市進学院で大切にしているのは、生徒一人ひとりへの面倒見の良さ。勉強の方法が分からない、勉強の時間がうまく取れない、成績が上がらなくて悩んでいるなど、子供たちの悩みに講師がしっかり寄り添います。話しを聞く中で悩みの原因を分析し、解決に向けたアドバイスをしてくれるのが特徴です。さらに授業前後のフォローや、家庭学習の管理など、徹底しためんどうみで生徒の成績アップを保証してくれます。

面談の実施

定期的に保護者面談や個別面談を行っています。授業中の子供の様子や学習状況、家庭学習のこと、そして志望校選びのことなど学習に関することなら何でも相談が可能です。

セーフティメールの送信

ICカードを利用して、お子さんの登下校情報を管理。子供が入退出するごとに、保護者あてにメールが届きます。無事に到着したか、そしておおよその帰宅時間が分かるので安心です。

教室の「見える」化

各教室は、ガラス窓になっており授業中の様子が外からいつでも見えるようになっています。教室が講師と生徒だけの密室にならないようにすることで、安全性を確保。さらに、講師間でも授業を見学することができ、日々の授業のクオリティを高めることへとつなげています。

無料で体験授業を受けられる

最後は無料体験授業の実施です。どれほどネットや口コミで評判が良くても、実際に授業を受けてみないと分からないこともあるでしょう。市進学院では無料の体験授業を行っているため、実際に授業を受けてから入塾するかどうかを判断できます。