お子様に最適な塾をお探しならベスト塾ガイド!

全国39,436教室掲載!日本最大規模の塾検索サイト

2021/03/02
公開

塾の春期講習について徹底解説!いつから開始?参加メリットや費用など

「春期講習を受けて、新しい学年のスタートに備えたい」「春期講習はいつから始まるのかな?」などと思っている方も多いのではないでしょうか。 塾や予備校で開催される春期講習とは、いったいどのようなものなのでしょう。日程や具体的な費用、そして参加することのメリットなど気になりますよね。今回は塾の春期講習に焦点を当てて、気になる内容を丁寧に解説します。

春期講習とは?

春期講習とは名前の通り、春の期間に開催される講習のことを指します。普段行われている授業とは別に開催されることが多く、塾に通っている子供であっても別に参加料金を支払うことも少なくありません。

講習の内容は塾によってさまざまです。期間やカリキュラム、指導スタイル、そして対象となる子供は異なるため、自分のニーズにピッタリ合った講習を選ぶことが求められるでしょう。

春期講習の目的について

春期講習に参加する目的について、全部で4つ紹介します。

これまでの学習範囲を復習する

1つ目はこれまでに勉強した学習範囲の復習をすることです。

春期講習が行われるのは、3学期が終わった後。つまり新しい学年が始まる前ですね。確実に成績を伸ばしていくためには、これまでに習った学習範囲を完璧にしておくことが求められます。勉強は一つひとつの積み重ねです。以前習ったものをベースとして、新しい学習項目が積み上がっていきます。そのため新しい学年が始まる前に総復習をして、今後の学習に備える目的で講習を受ける子供は少なくありません。

新しい学年で学ぶ内容の予習をする

予習目的で参加をする子供もいます。春期講習で先取り学習をしておくことで、余裕を持って学校の授業に臨めるようになるでしょう。時間的なゆとりができる分、受験対策にも力を注ぐことができます。

受験対策をする

中学受験や高校受験、そして大学受験を目指している受験学年に上がる子供を対象に、受験対策を行う春期講習も多数開催されています。志望校別の入試対策に沿った形の授業や問題演習、また公立中高一貫校を目指す小学生の場合は適性検査対策を行っている講習もあるでしょう。入試当日まではまだ時間がありますが、特に難関校を受験する場合は早い段階で受験対策を始めることが大切です。

苦手科目の克服をする

4つ目は苦手科目の克服です。「数学が苦手」「英語の長文読解が苦手」など、勉強に対して苦手科目や苦手分野を持っている子供もいることでしょう。しかし特に受験を目指しているのであれば、なるべく早く苦手科目や分野を克服しておくことが大切です。受験本番はわずか1点差で合否が決まるもの。苦手科目や分野を克服しておくことで、志望校合格の可能性を高めることができます。

春期講習の種類によっては特定の科目だけ受講できるものもあります。またマンツーマンレッスンで子供の学習ニーズに沿った形で指導を受けられるものもあるので、苦手科目の克服にもピッタリですね。

春期講習のメリット

続いては春期講習を受けるメリットを見ていきましょう。

学習内容の取りこぼしを防いで次の学年に備えられる

まずは学習内容の取りこぼしを防いで、次の学年に備えられることです。特に復習に力を入れている講習の場合、これまでに習った項目を振り返られるため、自分では気づかなかった学習内容の取りこぼしを発見できます。理解不十分な箇所を復習して完璧にすることで、4月からスタートする新しい学年に備えられるでしょう。

学習習慣を継続できる

春休みなどの長期休みになると、せっかく身に付いた学習習慣がムダになってしまう子供は珍しくありません。学校の授業があった時は宿題や課題などで自宅学習をしていたけれど、学校が休みになった途端に全く勉強しなくなってしまうのですね。学校によっては春休み中の課題が出されることもありますが、課題が終わると残りの期間をダラダラと過ごしてしまうことでしょう。

春期講習に参加をすることで、これまでに身に付いた学習習慣を継続させることができます。

受験に向けて他の子供と差を付けられる

次は受験に向けて他の子供と差を付けられることです。入試本番までまだ期間はあるものの、特に難関校を受験する場合はなるべく早い段階から対策を始めるのが絶対的に有利。塾に通っていない、そして春

期講習に通っていない他の子供たちに一気に差を付けられるチャンスとなります。

また新しく受験学年に上がる子供にとっては、受験に向けた意識付けにもなるでしょう。

塾付帯のさまざまなサービスを利用できる

学習塾の多くは自習室や自習スペースを設けています。普段は塾生だけが利用できるサービスですが、春期講習だけに参加する生徒にも開放しているところもあります。静かで快適な学習環境で、自宅では勉強に集中できないような子供にピッタリです。

また講師やチューターに分からないところを質問できます。学校の授業や普段使用している参考書・問題集で分からないところを質問できるのも、春期講習に参加するメリットといえるでしょう。

春期講習に参加する際の注意点

春期講習にはたくさんのメリットがあることを説明してきました。しかし春期講習に参加する際は、いくつかの注意点があるので頭に入れておきましょう。

講習に通う目的を明確にする

「友達に誘われたから講習に参加しよう」「親に参加しなさいって言われたから、とにかく自宅から近いところに行ってみる」など、安易な理由や不明確な目的で参加をするのはおすすめできません。春期講習といっても、カリキュラムや対象となる子供は塾によって異なります。例えば学校の授業理解もできていないのに、受験対策をメインとする講習に参加しても授業に付いていけないでしょう。

まずは何のために講習に通うのか、その目的を明確にしてください。「総復習をして新しい学年の勉強に備えたい」「難関中学受験に向けて、先取り学習をしたい」「苦手の英語を克服して、高校受援に備えたい」など、各自の目的を明確にすることで、目的に応じた講習が見つかるはずです。

いくつかの塾で開催される講習の内容を比較してみる

春期講習に通う目的が明確になったら、具体的に通う講習を探します。多くの塾や予備校で開催しているので、情報をたくさん手に入れられるでしょう。目的を満たしてくれそうな講習がいくつか見つかったら、ぜひ比較検討してみてください。

こまかなカリキュラムや費用、サービスなどに違いがあるため、比較検討することで一番ピッタリな講習が見つかりますよ。

自宅から負担なく通える場所にあるかどうかをチェックする

3つ目は自宅から負担なく通える場所にあるかどうかをチェックすることです。

いくら子供の学習ニーズにピッタリ合った講習が見つかったからといって、自宅からあまりにも遠い場所にあるのでは通塾が負担になってしまいます。

都心部で通塾する場合、時間帯によっては満員電車やバスに乗る必要も出てくるでしょう。長い時間の通塾で体を壊してしまっては大変です。子供に負担をかけずに通える場所にあるかどうかも確認してください。

春期講習の平均費用・相場

春期講習はどのくらいの費用が必要なのでしょうか。事前に平均費用や相場を理解しておくことで、講習選びの参考にできるでしょう。小学生と中学生、そして高校生に分けて紹介します。

小学生の平均費用・相場

まずは小学生です。中学受験対策を行う進学塾なのか、それとも学校の授業理解や復習をメインとする補習なのかによって大きく費用は異なります。

また進学塾の場合は受験学年となる小学6年生で、費用が高くなると思って良いでしょう。

進学塾で小学6年生の場合は4万円~6万円ほど、小学6年生以外で2万円~5万円ほどが相場です。一方の補習塾では2万円~4万円ほどが平均費用となっています。

中学生の平均費用・相場

中学生では集団指導なのか個別指導なのかで、おおまかな費用が変わってきます。また受験学年となる中学3年生は、中学1年生と2年生に比べて費用は高めの設定です。

集団指導の場合は中学3年生で4万円~7万円ほど、中学1年生と2年生で2万円~3万円ほどと思っておくと良いでしょう。個別指導では中学3年生で4万円~8万円中学1年生と2年生で3万円~6万円ほどが相場です。

ただし個別指導はマンツーマンなのか、生徒複数名なのかによっても料金は変わってきます。

高校生の平均費用・相場

高校生も中学生と同様に集団指導なのか個別指導なのか、そして高校3年生なのかどうかで大きく費用は異なります。

集団指導の場合は高校3年生で4万円~7万円ほど、高校1年生と2年生で2万円~5万円ほどが相場です。そして個別指導では高校3年生で5万円~12万円ほど、高校1年生と2年生で3万円~6万円ほどとなっています。

合宿や特別講座費用は別となるケースが多い

春期講習とは別に合宿、そして特別講座など開催している塾もあります。基本的には春期講習とは別の料金体系となっているため、参加する際はしっかり内容をチェックしておきましょう。

春期講習はいつから?

多くの春期講習は学校の春休み期間を利用して開催されます。春休み期間は自治体によって異なるものの、3月下旬から4月上旬に設定されるところがほとんどです。春休みに合わせて2週間~3週間開催する塾が多いものの、中には1月~4月上旬、そして3月~6月下旬と変則的に開催しているところもあります。

申し込み期間も塾によってバラバラのため、できるだけ早く情報を入手して申し込みをしておくのが無難です。

春期講習だけを受けることはできるの?

現在塾や予備校に通っていないけど、春期講習にだけ参加をしたいと思っている子供も多いのではないでしょうか。基本的には春期講習にだけ参加をしてもOKです。問題ありません。

「苦手科目ができたから、春期講習で集中的に克服をしたい」「普段は家計が厳しいから通塾できないけど、春期講習ぐらいなら費用を工面できる」など理由で、春期講習にだけ参加をしている子供はたくさんいます。

ただし一部の学習塾は塾生を対象に講習を開催しているため、講習にだけ参加をすることはできません。各自で問い合わせをしてみましょう。

春期講習の参加を断りたい場合

「いま通っている塾の春期講習に参加をしたくない」「他の塾の春期講習に参加したい」となった場合、通っている塾の春期講習を断っても良いのでしょうか。

結論から述べると問題ありません。塾で行われている授業と春期講習は別物です。ただし塾によっては春期講習をカリキュラムの一環で、塾生は強制参加としているところもあるので注意しましょう。

講習参加を角が立たないように断りたい場合、家庭の都合を理由にするとスムーズです。

「春休みは家庭の用事があるので参加できません」「まだ受験学年ではないので、今回の参加は見送ります」などと断ると良いですね。

まとめ

春期講習は学校が春休みに入る期間、3月下旬から4月上旬にかけて開催されることが多いです。申し込み期間は塾によって異なるため、できるだけ早く情報を集めて申し込みをしておくと良いでしょう。

講習の内容や対象となる子供は、それぞれで異なります。費用や時間をムダにしないためにも、春期講習に通う目的を明確にしてから探してみると良いですね。実のある講習を受けられるようになります。今回紹介した記事を参考にして、学習ニーズにピッタリ合った春期講習を見つけてくださいね。

近くの塾を探す