お子様に最適な塾をお探しならベスト塾ガイド!

全国39,068教室掲載!日本最大規模の塾検索サイト

2021/07/21
公開

小学生が通う「夏期講習」の特徴・費用を徹底比較!申込み手順・注意点も解説

小学生が通う「夏期講習」の目的は成績アップだけではありません。本格的な塾通いに向けての“塾選び”の参考材料にもなるでしょう。 しかし夏期講習を開催している塾はたくさんあるため、どこが子どもに合っているのか良く分かりませんよね。そこで今回は小学生向けの夏期講習について徹底比較!主な内容や費用、そして大手塾が開催する講習の特徴などについて解説していきます。申込み手順や注意点についても紹介していますので、そちらもチェックしてみてください。

小学生が通う夏期講習の内容・費用について


夏期講習と一口にいっても講習の内容や目的、費用相場などは塾や講習によって異なります。一般的に夏期講習は次の2パターンに分けられるでしょう。

中学受験対策をする

まずは中学受験対策です。中学受験を予定している小学生の多くは、夏期講習に通って受験対策をしています。一般的に入試問題では、小学校の授業レベル以上の学力が要求されるためです。費用相場は40,000円~190,000円ほど。受験学年となる小学6年生では、費用が高くなる傾向があります。

学校の授業の復習・補習をする

2つ目は学校の授業の復習・補習です。1学期に習った範囲を復習や、苦手科目を克服できるようなカリキュラムになっています。中学受験をする予定はないけれど、公立中学進学に向けて基礎を固めておきたい人、またはすでに学校の授業で苦手科目がある人などにピッタリです。費用相場は20,000円~50,000円ほどとなっています。

詳細は下記記事でも解説しています。参考にしてください。

小学生の夏期講習はどのぐらいかかる?費用・平均相場・メリットについても解説!

•    夏期講習の費用について 
•    小学生は学習塾の夏期講習に通うべき?重要性やメリットについて 
•    夏期講習での授業内容 
•    夏期講習の期間・日程 
•    夏期講習だけ申し込むことはできる?申し込み時期について 
•    まとめ

小学生の「夏期講習」を塾ごとに徹底比較

小学生向けの夏期講習はたくさんあります。
続いては中学受験対策と学校の授業の予習・復習対策に分けて、それぞれでいくつかの塾を比較していきましょう。

中学受験対策

まずは中学受験対策ができる塾です。

SAPIX

SAPIXは難関中学受験対策で有名な学習塾です。開成中学や桜蔭中学といった、日本で最難関の中学受験でたくさんの合格者を輩出しています。
夏期講習が持つ特徴の一つが、通常カリキュラムの一環となっていること。一般的な夏期講習では通常授業とは別カリキュラムが採用され、「1学期の総復習」や「応用問題をたくさん解く」など、さまざまなテーマで授業が進んでいくでしょう。
しかしSAPIXは違います。多少の復習はあるにせよ、基本的には通常授業としてカリキュラムが進んでいくのです。そのため新しい項目の学習や、2学期の予習もカリキュラムに含まれています。
さらに普段の授業よりもペースが速いため注意しなければいけません。通常授業では学習と復習のサイクルを1週間単位で行っていたものを、夏期講習では数日、最も早くて1日単位で進んでいきます。つまり学んだことをすぐに定着化させないと、どんどんカリキュラムに遅れを取ってしまうということです。
費用は首都圏4年生で90,200円、首都圏6年生で210,100円となっています。

日能研

首都圏を中心として100以上の教室を持つのが日能研です。中学受験における知名度が高く、難関校への合格実績もたくさん有しています。
新しい塾生を集めることも目的としていることから、日能研の夏期講習は復習中心です。新しく入塾した子どもも、スムーズに2学期からの授業に入れるように配慮されています。1学期で学んだ内容の復習をするため、理解不足や苦手分野がある子どもにおすすめです。
しかし反対にすでに学習した項目をマスターしている子どもにとっては、日能研の夏期講習は時間の無駄と感じられるかもしれません。事前にカリキュラム内容を確認しておき、参加・不参加を判断すると良いでしょう。
費用は目黒校の場合、小学4年生4科目で40,370円、小学6年生4科目で179,960円となっています。

四谷大塚

老舗の中学受験対策塾として人気を集めているのが四谷大塚です。四谷大塚で有名なのが、予習シリーズと呼ばれる学習教材。中学受験でバイブルと呼ばれることもあり、オリジナルの学習教材を持っていない多くの学習塾で、予習シリーズを採用しています。
四谷大塚の夏期講習は1学期の復習プラス、先取り学習です。そのため日能研と同じように、子どもの理解度によっては必ずしも受ける必要はないでしょう。先取り学習もカリキュラムに含まれていますが、2学期以降の通常授業で再度勉強する機会が設けられています。
費用は小学4年生で73,700円、小学6年生で139,700円です。

個別指導塾TOMAS

最後は個別指導塾TOMASです。子どもの学力から合格圏内にある中学校ではなく、子ども自身が本当に行きたいと思える学校を志望校に掲げてサポートをしてくれます。特徴は1対1の完全マンツーマン指導と、合格逆算カリキュラム。生徒1人に対して講師が1人付き、一人ひとりの学習ペースや課題に合わせて勉強が進んでいきます。さらに受験から逆算してカリキュラムを作られるため、効率的・効果的に合格力を身に付けられるでしょう。
夏期講習も同様です。「弱点を補強したい」「志望校入試に向けた問題演習に取り組みたい」など、個々の希望に合わせて勉強できます。費用は学年やコースによって異なるため、教室に直接問い合わせてください。

 

学校の授業の予習・復習対策

続いては学校の授業の予習・復習対策ができる、学習塾の夏期講習を紹介。

比較検討の材料にしてみてください。

個別指導塾スタンダード

心理学に基づいたやる気アッププログラムを取り入れているのが、個別指導塾スタンダードです。生徒一人ひとりの個性を認め、できたことを褒めることで子どもの学習意欲を高めます。個々の学力や目的、課題に合わせてオーダーメイドカリキュラムを作成し、目標達成に向けて個別指導を行います。学校の授業復習や予習、夏休み中の宿題のフォロー、私立中学受験まで、幅広いニーズに対応可能です。
費用については、市ヶ谷教室の場合、週1回の通塾の月謝が小学4年生で11,800円、小学6年生で12,240円となっています。

個別教室のトライ

個別教室のトライは全国規模で教室を持つ、個別指導塾です。1対1の完全マンツーマン指導、オーダーメイドカリキュラムで、生徒一人ひとりの学力をしっかり伸ばしてくれます。
地元の教育事情に精通した教育プランナーが、AIによる学習診断結果を元に学習カリキュラムを提案。さらにAIタブレットやオンラインを活用した学習サービスで、学習効果を最大限に高めます。
夏期講習の情報は毎年7月ごろに発表されるため、各自で問い合わせて詳細を確認してください。

 

指導スタイルごとの塾の見分け方


塾の通常授業や夏期講習の指導スタイルは、塾によって異なります。
続いては主な指導スタイルの特徴と、指導スタイルごとに子どもにピッタリ合った塾の選び方を見ていきましょう。

個別型の指導スタイル

1つ目は個別型です。先に紹介した個別指導塾TOMASや個別指導塾スタンダード、個別教室のトライなどが該当します。生徒一人ひとりの課題やニーズ、目的などに合わせて、個別に学習カリキュラムを作って指導をしていくとのが一般的。
学校の授業理解から基礎力定着、中学受験まで幅広いニーズに対応しています。効率的に勉強を進めていける反面、人件費の関係から集団型の塾と比べると費用は割高です。
塾によっては人件費を抑えるために、大学生のアルバイトを講師として採用しているところも少なくありません。学生だからといって一概に指導力が劣るわけではありませんが、講師の指導力がどの程度あるのかをしっかり見極めるようにしましょう。
また学習カリキュラムや進度が全て、子ども任せになっていないかどうかもチェックしてください。いつまで経っても成績が伸びなかったり、中学受験に間に合わなかったりする可能性があるためです。

 

少人数集団型の指導スタイル

2つ目は少人数集団型の指導スタイルです。1クラスあたり10人以下の生徒が集まって、全員で同じ授業を受けます。少人数のため講師の目が生徒一人ひとりに行き届きやすく、個別型ほどではないものの、きめ細かい指導が期待できるでしょう。
アットホームな雰囲気のところが多く、生徒はリラックスして授業に臨めます。分からない箇所があれば、気軽に質問もできるでしょう。中学受験を目指す場合、実際にどのくらい合格実績があるのかを確認してください。
また講師との距離が近くなることから、講師との相性が子どもの学習効果に影響を与えます。見学や体験授業の際に、講師の教え方や人柄についてもしっかりチェックしておくと安心です。

 

大人数集団型の指導スタイル

1クラスあたり10人以上の子どもが集まって、授業を受ける指導スタイルです。難関中学受験対策をしている塾に多いスタイルで、指導実績豊富なプロ講師が授業を担当します。同じ目標を持った仲間が集まるため、切磋琢磨し合いながらモチベーションを高められるメリットも生まれるはずです。
しかし中学受験対策をする塾やコースは学習内容が高度でペースも早く、子どもによっては付いていくのが大変かもしれません。分からない箇所をそのままにしておくと、どんどん授業に遅れていってしまうでしょう。
個別のフォロー体制がどの程度整っているのかをチェックしてください。「授業時間外で質問できる機会を設けている」「授業に付いていけなくなった場合の個別フォローがある」などです。

 

申込み手順と始まってからの注意点

参加したい夏期講習が決まったら申し込みをしましょう。
具体的な申し込み手順と、講習が始まってからの注意点は次の通りです。

夏期講習申し込みまでの流れ

まずは夏期講習申し込みの一般的な流れについてです。

①ホームページまたは、『ベスト塾ガイド』などの総合サイトを利用し、夏期講習内容を確認、または資料を取り寄せる

多くの塾でホームページを開設し、夏期講習の情報を掲載しています。また、『ベスト塾ガイド』では、全国約4万教室の情報を掲載しています。こちらから、情報を確認し、資料を取り寄せてみましょう。

②不明点は電話で詳しく確認する

ホームページ上の情報や取り寄せた資料だけでは、良く分からない箇所があるかもしれません。直接塾に電話をして確認すると確実です。電話をする際は、特に以下の点を確認すると良いでしょう。

・トータルの費用と細かい内訳
・1クラスあたりの生徒数
・想定される生徒の学力
・事前テストの有無
・フォロー体制

③面談や見学で最終チェック

目ぼしい場所が見つかったら、実際に足を運んで面談を受けたり見学をしたりするのがおすすめです。面談では対応してくれたスタッフの態度や言葉遣いをチェックしましょう。直接授業を担当しなくても、スタッフの態度や言葉遣いで塾全体の質が分かります。話をしっかり聞いてくれるか、説明は分かりやすいか、言葉遣いは丁寧か、好感が持てるかなどを確認してください。
見学する場合は教室の雰囲気や講師の指導、環境が整備されているかなどを意識すると良いでしょう。

夏期講習が始まってからの注意点

夏期講習が始まったからといって、全てを子どもや塾に任せっぱなしにするのはNGです。以下の点に注意をしましょう。

テキストやノートから講習の様子をチェックする

講習の内容がつい気になって、毎日子どもに「今日はどうだった?」「ちゃんと授業は理解できた?」「宿題はしっかりやっているの?」などと細かく聞くのは止めましょう。あまり何度も細かく尋ねると、子どもは嫌がる可能性があります。また口では「大丈夫だよ」と答えても、実際のところは分かりません。テキストやノートを見せてもらい、講習の様子をチェックするのがおすすめです。

塾に様子を確認する

塾によっては塾側から講習の様子を教えてくれます。連絡カードに授業ごとの様子や課題を記載してくれたり、電話で教えてくれたりするところもあるでしょう。
もし塾側からの連絡がない場合、授業が終わったタイミングで保護者側から連絡をしてみましょう。子どもを迎えに行った際に聞いてみるのも良いですね。

講習終了後に定期通塾を検討する場合

定期的に塾に通っていない子どもの場合、夏期講習終了後に通塾するかどうかを考えることもあるでしょう。カリキュラムや費用など判断材料はたくさんありますが、最も大切なものの一つが子どもの気持ちです。
子どもが「また通いたい!」と思える塾なら通塾させても良いでしょう。もし親が通わせたいと思っても、子ども自身に通いたい気持ちがなければ、通塾は見送った方が良いかもしれません。慎重に検討してください。

まとめ


小学生向けの夏期講習は主に中学受験対策と、学校の授業の復習・補習対策の2種類に分けられます。講習の内容や日数、費用などは塾によってさまざまです。
まずは講習に通わせたい目的を明確にした上で、具体的な塾を選んでいくと良いでしょう。申し込み開始や締め切りなども塾によって異なるため、できるだけ早く行動することが大切です。上記でご紹介した内容を参考に、お子さんに最適な塾を見つけてくださいね。

・関連記事 ~この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます。

小学生に夏期講習は必要?学年別に解説&効果も紹介します

小学生におすすめの英語教室を紹介!短期・夏期講習、オンライン授業など

小学生向け「プログラミング教室」とは?夏期講習含むおすすめ教室も紹介!

【小学生】オンライン夏期講習のメリットとは?おすすめ塾も紹介!

帰国子女の中学受験!夏期講習情報や受験対策のポイントを解説