お子様に最適な塾をお探しならベスト塾ガイド!

全国39,446教室掲載!日本最大規模の塾検索サイト

2021/09/17
公開

高校受験生の冬期講習を徹底解説!受けるメリットや注意点なども紹介

高校受験をする中学生、特に中学3年生にとって冬休みは入試本番前の最終の追い込みです。最後の仕上げとして、冬期講習へ参加する子どもも少なくありません。今回は冬期講習への参加を検討している受験生を持つ親御さんに向けて、冬期講習の重要性やメリット、冬期講習へ参加する際の注意点、受験直前までにやっておくべきことについて紹介します。

高校受験生は冬期講習が重要!メリットとは?

実際に高校受験で第一志望校へ合格している中学生の多くは、冬期講習へ通って勉強をしています。子どもの学力や志望校の偏差値などにもよりますが、冬期講習への参加が合否を左右するといっても過言ではありません。まずは冬期講習が持つ重要性と、参加することで得られるメリットについて見ていきましょう。

志望校対策で効率的に勉強ができる

高校入試では公立高校、そしてそれぞれの私立高校で毎年共通した入試傾向があります。そのため志望校への合格を勝ち取るためには、志望校の入試傾向に沿った上で対策をするのが近道です。

高校受験生を対象とした塾や冬期講習では、志望校の入試傾向に合わせて授業が行われます。講習によっては志望校別にコースを分けているところもあるでしょう。これまでの入試問題を徹底的に分析した上で授業や問題演習が行われるので、効率的に合格力を養成できるはずです。間違えた問題や分からなかった問題は講師から解説してもらえるため、自宅で黙々と独学するよりも学習効果が高まります。

模試で自分の学力や本番の緊張感を把握できる

2つ目は模擬試験を通して自分の学力や、受験本番の緊張感を把握できることです。冬期講習によっては塾内で模試を受けられるところもあるので、積極的に活用しましょう。模試を受けると全体の中で自分の学力がどのくらいあるのか、志望校合格との差はどのくらいあるのか、また抜け落ちている学習項目がないかを客観的にチェックできます。模試の結果を見ながら受験本番までの残り少ない時間を、有効に過ごせるようになるでしょう。

また本番の緊張感を把握できるメリットもあります。どれだけ学力が高い子どもでも受験当日に緊張してしまい、いつもの実力を出せなかったケースは珍しいことではありません。模試を受けることで受験の緊張感に慣れ、さらに時間配分の練習もできるようになります。

塾の仲間に刺激され、集中力を持続しやすい

高校受験に特化した冬期講習には、当然のことながら高校受験生が集まります。自分と同じような目的をもった仲間と一緒に勉強をしたり、休憩時間中に話しをしたりすることで、プラスの刺激を受けられるでしょう。仲間意識が生まれることで勉強へのモチベーションも高まり、集中して勉強に取り組めるようにもなるはずです。

自然と勉強時間の確保ができる

4つ目は自然と勉強時間を確保できることです。冬休みは学校がない分、必然的に自宅で過ごす時間が多くなります。受験生でも子どもによっては自宅でテレビやゲームといった誘惑に負けてしまい、勉強に集中できないこともあるでしょう。

冬期講習へ通うと、自然と勉強時間を確保できるようになります。気が緩みがちな冬休みでも、学校があった時と同じようなペースで勉強を続けられるはずです。
また冬期講習の開催時間にもよりますが、朝決まった時間に起床して講習へ通うことで、規則正しい生活リズムで過ごせるようにもなるでしょう。

講師に相談できる

入試直前は受験に対するプレッシャーから、気持ちが不安定になる子どもが少なからず存在します。冬期講習へ通うと講師に不安な気持ちを聞いてもらい、プレッシャーを乗り切るための適切なアドバイスを受けられるでしょう。

また受験直前に勉強するべきことも相談できるため、受験本番まで時間を無駄にせずに勉強に取り組めます。

塾の自習室を使用できる

最後は塾の自習室を使用できることです。塾によっては自習室や自習スペースを設け、塾生は自由に利用できるようにしています。冬期講習のみ参加する子どもでも利用できるところが多いため、上手に活用すると良いでしょう。

授業の前後だけでなく授業がない日も利用できるので、自宅では勉強に集中できない子どもにもおすすめです。

高校受験生向け冬期講習に参加する際のポイント

多くの中学生にとって、高校受験は辛く大変なもの。続いては受験を無事に乗り切るために、高校受験生が冬期講習へ参加する際のポイントについて解説します。

志望校を決め、目標を明確にする

1つ目は志望校を決めて、目標を明確にすることです。冬期講習は受験直前の最終追い込み。志望校別の対策をして合格力を高めることが目的となるため、参加前には志望校を選定しておきましょう。

志望校を決めた上で、冬期講習における目標を設定してください。「入試問題をたくさん解いて、入試本番に備えたい」「苦手科目を最低合格ラインにまで持っていきたい」などです。

苦手分野の得点力アップと過去問・予想問題集で出題傾向を把握する

社会や理科といった暗記科目が苦手な場合、冬期講習での克服も十分できるでしょう。しかし数学や英語といった積み重ねが主になる科目が苦手だと、冬期講習のみで完全に克服するのは正直難しいところです。

完全な克服とまではいかなくても、できるだけ得点力をアップさせて合格に必要な最低ラインまで高めることはできます。特定科目の苦手分野に絞って勉強をしたり、数学の公式や英語の単語を暗記するなど、苦手科目でも得点力アップに向けてできることを探していきましょう。

また過去問・予想問題集で、出題傾向を把握することも大切です。問題は解きっぱなしにせず、間違えた箇所の解説をしっかり読み込み、時間を置いてもう一度同じ問題にチャレンジしてください。

最後まで気を抜かずに自分の課題に取り組む

受験本番まで気を抜かず、自分の課題に黙々と取り組むことも大切です。「いまからやっても、どうせもう遅い」と思ってはいけません。受験生の実力は最後の最後まで、伸びる可能性を持っています。あきらめずに勉強を続け、自分の課題に集中して取り組むようにしてください。

冬期講習だけ受講する際の注意点

中学生の中には普段は塾に通わず、冬期講習のみ参加する子どももいます。冬期講習のみ受講する際は、以下の点に注意しましょう。

講習内容が学力・目的にあっているかを確認する

まずは講習の内容が、子どもの学力や目的に合っているかどうかを確認することです。受験生向けの冬期講習と一口にいっても、内容はさまざま。難関高校受験生を対象とする講習もあれば、平均レベルの公立高校受験生を対象とする講習もあるでしょう。

子どもの学力や目的、ニーズに合った講習を選ばないと、ただ時間とお金が無駄になってしまいます。内容をしっかり確認することが大切です。

予算に余裕がある場合は個別指導塾がおすすめ

普段から塾に通っていない子どもが冬期講習へ通うと、初めての環境で緊張するかもしれません。講師や教室の雰囲気に慣れるまで時間を要し、「ようやく慣れたと思ったら、講習が終わっていた」といったことも考えられます。

そのため予算に余裕があれば、個別指導塾の冬期講習参加を検討してみましょう。一人ひとりのニーズやペースに合わせて指導を受けられるため、冬期講習だけの参加でも高い学習効果を得られるはずです。

完結型の内容かどうか確認する

最後は完結型の内容かどうかを確認することです。冬期講習によっては通常授業とカリキュラムがつながっているところもあり、冬期講習のみに参加をしても授業に付いていけなくなる可能性があります。冬期講習だけで内容が完結しているかどうかをチェックしましょう。

高校受験生の冬期講習費用相場は?

高校受験生向けの冬期講習で気になるものの一つが、費用相場です。事前に大まかな費用相場を理解しておくことで、塾選びや費用捻出をスムーズに進められるようになるでしょう。

高校受験生向けの冬期講習の費用相場

具体的な費用は塾によって異なるものの、大まかな費用相場は次のようになっています。

学年 集団指導塾 個別指導塾
中学1・2年生 20,000円~30,000円 40,000円~60,000円
中学3年生 40,000円~70,000円 80,000円~100,000円

まず冬期講習の費用は中学1・2年生(非受験学年)と、中学3年生(受験学年)で大きく異なります。受験学年となる中学3年生ではカリキュラムがより密になること、また学力や科目によって細かく講習を分けているところがあり、その分多くの講習を受講することになるため費用が高くなりがちです。

個別指導塾は人件費が必要となる分、一般的には集団指導塾と比べて割高となります。また中学3年生では受験対策として受講するコマ数も多くなることから、中学1・2年生よりも費用が高くなる傾向があるでしょう。

冬期講習の授業料以外に必要となる費用

塾によっては講習会の最終日などに、模擬試験を課しているところがあります。模擬試験の受験料は授業料とは別となっていることが多く、国語・数学・英語・理科・社会の5科目受験で約4,000円、国語・数学・英語の3科目受験で約3,500円が相場です。

また冬期講習とは別に正月特訓などを設けているところもあり、参加する場合は別に費用を支払わなければいけません。

受験直前までにやっておくべきこと

最後に受験直前までにぜひやっておくべきことを、全部で3つ紹介します。

過去問を徹底的に活用する

まずは過去問を徹底的に活用することです。入試問題には一定の共通した傾向があるため、受験直前は過去問に集中して取り組むことで、合格率をグンとアップさせることができます。

まずは実際に過去問を解いてみましょう。一通り解き終えたら採点をして、間違えた箇所をさらに3つに分けます。1つ目はうっかりミス。分かっていたけれど、ついうっかり間違えてしまった箇所です。2つ目は何となく分かってはいたけど、確実に覚えていなかった問題。そして3つ目は、まったく分からなかった問題です。

受験直前の限られた時間の中で、特に取り組むべきものは1つ目のうっかりミスと、2つ目の確実に覚えていなかった問題となります。3つ目のまったく分からなかった問題は、解けるようになるまで時間を要するので、冬休みの段階では思い切って省略してください。

過去問の中で取り組むべきものが明確になったら、これまで使用してきた参考書や問題集を使って、該当する単元を見直します。ポイントは間違えた問題だけでなく、単元全体を見直すこと。特定の問題ができなかった場合、多くのケースでは単元全体の理解が不十分となっているためです。

単元を見直して内容を理解したら、もう一度過去問にチャレンジしてみましょう。1回目に取り組んだ時よりも理解度が上がり、得点も伸びるはずです。

理科と社会はひたすら暗記をする

主要5科目の中で理科と社会は、暗記科目といわれています。問題集に載っている知識を丸ごと覚えるだけで、ダイレクトに得点につながっていくのが特徴です。入試直前までやればやるほど、しっかり伸びます。

問題集は1冊に絞って、徹底的に内容を覚えていきましょう。問題を解きながら、専門用語や人物名などを頭の中に入れていきます。一度で覚えられなくても、何度もくり返し解き続けることで、自然と頭の中に定着していくはずです。

国語・数学・英語は毎日少しでも問題に触れる

国語と数学、英語は積み重ねの科目です。理科や社会と比べて短期間の勉強で成果を感じにくいため、特に苦手とする子どもは受験直前の勉強をストップしてしまうかもしれません。しかし受験直前に勉強をストップしたり、理科や社会にだけ力を入れたりすると、国語と数学、英語の実力はどんどん下がっていってしまいます。

これまでに身に付けた学力を落とさないために、毎日少しでも良いので問題に触れるようにしましょう。数学の計算問題を解いたり、英語の単語を覚えたりするのもおすすめです。

まとめ

高校受験生の冬期講習は志望校対策で効率的に勉強ができる、模試で自分の学力や本番の緊張感を把握できる、塾の仲間に刺激されて集中力を持続しやすいといった重要性・メリットを持っています。参加する際は志望校を絞り、目標を明確にすることが大切です。よりニーズに沿った形で冬期講習を受講すると、志望校合格にグッと近づけるようになります。

・関連記事 ~この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます。

【中学生】おすすめの冬期講習10選!特徴や費用、選び方も紹介

中学生が通う「冬期講習」を徹底解説!費用やメリット、おすすめ塾も紹介

【中学生】冬休みのおすすめの勉強法は?平均勉強時間や注意点なども解説!

【中学生】無料・低価格で通える「冬期講習」を紹介!特徴や相場も解説

【高校受験】中学生の塾費用について徹底解説!大手塾の料金も紹介

近くの塾を探す