お子様に最適な塾をお探しならベスト塾ガイド!

全国39,462教室掲載!日本最大規模の塾検索サイト

2021/11/08
公開

【中学生】おすすめの英語塾10選!選び方のポイントも解説

高校受験や将来の可能性を広げることを目的に、中学生の子どもを英語塾に通わせようと考えている親御さんはいませんか?巷にはたくさんの英語塾であふれているため、子どものニーズに合った場所を探すのは大変です。今回は中学生向けの英語塾に焦点を当て、ベスト塾ガイドがおすすめする場所を全部で10カ所選びました。選び方のポイントも一緒に解説するので、塾選びの参考にしてください。

中学生の英語塾選びで重要な3つのポイント!

英語塾はただ通えば、英語力が伸びるものではありません。しっかり効果を出すためには、ポイントを押さえた上で英語塾を選ぶことです。最初に中学生の英語塾選びで重要なポイントを、全部で3つ見ていきましょう。

①学習目的に合っているか

1つ目は英語学習の目的に合っているかどうかです。中学生が英語を勉強する理由はさまざま。学校の定期テスト対策や高校受験対策、英検やTOEICといった検定試験対策、そして留学や英語を使った仕事に就くための日常会話力の習得などです。

一般的に学校英語・受験英語では単語力や文法力、読解力などが、そして日常会話にはリスニング力やスピーキング力が求められるなど、目的によって必要となる英語力は異なります。そのため子どもが何のために英語を勉強したいのかを明確にし、目的に沿った学習ができる塾を選ぶことがポイントです。

②指導形式は個別か集団か

指導型式もチェックしておきましょう。英語塾は大きく個別指導と、集団指導の2種類に分けられます。個別指導は1対1でおこなわれるため、子どもの英語力やニーズに合わせて英語を教えてもらえるのが特徴です。

集団指導で講師1人に対する生徒数は塾やコースによってさまざま。生徒2~3人と少人数のところもあれば、学校の授業のようにたくさんの生徒が一緒になるところもあるでしょう。他の子どもから刺激をもらえるメリットもありますが、英語力が低い子どもの場合は消極的になってしまうかもしれません。子どもの学習ニーズを把握した上で、指導形式を検討してください。

③英語のどの部分に注力したいか

最後は英語のどの部分に注力したいかです。例えば発音もネイティブスピーカーのように近づけたい場合は、発音と文字の関係性を学ぶ音声学習法「フォニックス」を導入している英語塾を選ぶと良いでしょう。

また塾によってスピーキングに力を入れているところ、リスニングに力を入れているところなど、強みとする部分が異なるため、英語のどの部分をトレーニングしたいのかに合わせて塾を選ぶのもポイントの一つです。
英語塾の費用やメリット・デメリットについては、以下の記事で解説しています。

中学生が通う英語塾の費用は?メリット・デメリットも解説!
・英語塾の特徴について
・授業料金はいくら?
・授業料の他にかかる費用って?
・英語塾に通うメリット・デメリットは?注意点や選び方を解説!
・まとめ

中学生におすすめの英語塾10選

続いてはベスト塾ガイドがおすすめする中学生向けの英語塾を、全部で10カ所紹介します。

トリプレットイングリッシュスクール

まずはトリプレットイングリッシュスクールです。イチから英語四技能のスキルを高められます。

塾の概要・特徴

関東と関西を中心に教室を持ち、全部で1,550人以上の生徒を指導しています。大きな特徴の一つが、無学年制の個別指導方式。学年に捉われず、あくまでも子ども一人ひとりの英語力に着目をして指導がおこなわれます。個々の英語力に合わせて学習プログラムが作成され、英語学習がスタート。オリジナル教材を使いながら、英語四技能を積み上げていきます。

コースは中学英語~高校1年まで対応する「自立学習コース」と、全学年の英語に対応する「徹底指導コース」の2種類。自立学習コースは1コマあたり2時間、徹底指導コースは1時間単位で自由に授業時間を選べます。

費用

トリプレットイングリッシュスクールのホームページによると、自立学習コースに週2回通う場合の月額料金は33,000 円、徹底指導コースに週2回通う場合の月額料金は38,500 円となっています。

おすすめポイント

無学年生を採り入れているため、子ども一人ひとりに合わせた英語教育をしてもらえます。必要に応じて前の学年にさかのぼって指導がおこなわれ、中1英語から100%マスターを目指せるのが特徴です。

平岡塾

平岡塾は1965年創立と歴史があり、英語の単科塾です。

塾の概要・特徴

東京都渋谷区に教室を持っています。中学1年生から入塾可能で、中学2年生の冬から高校過程の学習がスタート。先取り学習で高い英語力習得を目指します。

授業は複数の生徒が一緒に受ける集団型です。週1回3時間~4時間と長丁場で、集中して英語学習に取り組めます。さらに文法や読解といった受験英語だけでなく、毎回の授業では30分~40分ほどのネイティブスピーカーによる発音やリスニング、会話のレッスンも実施。日常会話力も磨けます。

費用

平岡塾のホームページによると、中学生が週1回通う場合、月額料金は19,000円です。

おすすめポイント

教室では子ども同士が互いに向き合い、ひざを寄せ合って学ぶ、まるで寺子屋のような空間。他の子どもが英語を聞いたり、話したりする様子を間近にすることで、「自分に足りない部分を知り、課題を理解する」ことに役立ちます。学習意欲が高い子どもに囲まれることで、能動的な学習習慣も形成されていくことでしょう。

プログレスアカデミー英語塾

音読学習を重視し、発音力や速読力、リスニング強化を図れるのがプログレスアカデミー英語塾です。

塾の概要・特徴

東京都渋谷区に教室を持っています。授業は3人~4人の少人数制を採用し、個別に実施。生徒が通っている学校ごとに使っている教科書に沿って進められます。教科書準拠テキストや単語帳、問題集なども活用して、教科者の完全理解をまず目指すのが特徴です。

また特に力を入れているのが音読学習。しっかりと声に出して英語を読むことで、発音力や速読力、リスニングも身に付けられます。リスニングやスピーキング指導も充実しており、「一生使える英語」の習得を目指す英語塾です。

費用

プログレスアカデミー英語塾のホームページによると、中学生が週1回通う場合、月額料金は24,200円からとなっています。

おすすめポイント

プログレスアカデミー英語塾では担任制を採用。経験豊富なプロ講師が責任を持って、一人ひとりの子どもを指導します。苦手分野をしっかり克服して、総合的な英語力アップを目指せるはずです。

J PREP斉藤塾

日本人講師とネイティブスピーカー講師によるダブル指導で、英語力アップを目標とするのがJ PREP斉藤塾です。

塾の概要・特徴

東京都に全部で4つの教室を展開しています。中学生向けには主に「英語入門Ⅰ中学生コース」や「英語入門Ⅱコース」、「英語初級Ⅰコース」、「英語初級Ⅱコース」などを開催。レベルや目的に合わせて英語学習をスタートできます。

1クラスの登録人数は20人以下としており、生徒一人ひとりに講師の目が行き届く環境です。入門コースでは主にフォニックスを用いた発音指導や文法解説、CLILと呼ばれるさまざまなテーマの動画やアクティビティで多様な英語知識を身につける学習を通して、「話す、書く、聴く、読む、考える」の五技能を伸ばします。またアメリカの大学留学準備をはじめる「J PREP Scholars」もあり、アカデミックな英語力を習得したい中学生にもおすすめです。

費用

英語力を上げるための塾選びガイドのホームページによると、中学生が週1回通塾する場合、月額料金は33,000円となっています。

おすすめポイント

日本にいながらも、米英のトップ大学への合格力育成を目標にかかげています。一見厳しい目標ですが、その水準で勉強を進めていくことで東京大学といった日本における難関大学にも対応できる、高い英語力の習得が可能です。

英検アカデミー

英検対策を通して英語力をアップさせたい子どもにおすすめなのが、英検アカデミーです。

塾の概要・特徴

東京都を中心として、日本各地に教室を展開しています。英検を中心に私立中高一貫校用の英語教科書「NEW TREASURE」や、日本で最も難しい教科書の一つといわれている「Progress21」の対策をする学習塾です。

指導歴10年以上のプロ講師が授業を担当し、1対1のプライベートレッスンのほかに、講師1人に対して生徒が3人まで付くセミプライベートレッスンも設置。子どものニーズに合わせて指導スタイルを選べます。英検対策では文法力・読解力・リスニング力のアップを目標に、オリジナル教材を使って徹底トレーニング。ポイントがまとまったカリキュラムで、合格までの最短ルートを導きます。

費用

英検アカデミーの授業料は学年別ではなく、生徒の英語力や受験する英検の級によって異なります。じゅくみ~るのホームページによると英検3級の場合、プライベートレッスンで月額料金は約29,160円、セミプライベートレッスンで月額料金は約17,064円となっていました。

おすすめポイント

英検3級以上では2次試験で、面接が課されます。英検アカデミーは個別指導のため、2次試験対策もバッチリ可能。合格に向けた必勝ポイントに沿って練習をくり返し、2次試験通過も目指せます。

東京英語塾

東京英語塾は「現役合格主義」をモットーにかかげ、徹底した単語対策、音読練習、文法講義などをおこなう学習塾です。

塾の概要・特徴

東京都の秋葉原と錦糸町、飯田橋に教室を持っています。最難関大学合格を目指す子どもたちの、確固たる土台作りを得意とした英語塾です。

中学生向けには主に「中学総復習クラス」や「中学ハイレベルクラス」、難関高校合格を目指す「高校L1」などがあります。単語や文法項目を徹底的に音読し、英語の基礎力を養成。完璧に覚えられるまで何度もくり返し、英語力アップを目指します。

費用

通常授業と音読補習の組み合わせが、基本の受講スタイルとなります。東京英語塾のホームページによると、中学生が週1回通う場合の月の通常授業料は約12,960円、音読補習は1回~4回までで4,000円となっていました。

おすすめポイント

中学生向けのコースだけでなく、早慶上智や国立難関大学を目指す高校生向けコースまで開設されています。高校入学後も途切れることなく、大学受験までを視野に入れた英語学習を続けられるのはおすすめできるポイントです。

ウィングローブ英語塾

少人数内の個別指導で、ムダのない英語教育を実現したのがウィングローブ英語塾です。

塾の概要・特徴

東京都を中心に千葉県や神奈川県、埼玉県、長野県、山口県などで教室を運営しています。授業は少人数内で個別におこなわれるため、集団授業で見落としがちな自分の弱点も見逃しません。実力次第でレベルの高い勉強もできるので、ムダのない英語学習をサポートしてくれます。

中学生コースでは英語学習の基礎となる、品詞と5文型を徹底学習。文の構造を理解し、さらにくり返しの文法学習、音読・シャドウィングによるリスニング力アップで、応用力を習得していきます。長文読解も得意になるので、高校受験にもしっかり対応できるでしょう。

費用

ウィングローブ英語塾のホームページによると、中学生が週1回通塾する場合、月額料金は15,000円となっています。

おすすめポイント

ウィングローブ英語塾では高校生向けコースも開設しており、大学受験まで連続した英語学習が可能です。またテレビでも紹介されたことのある大学入試の最強アドバイザー、山口達正先生のカウンセリングを個別に受けられ、進路の選び方や他教科の最適な学習法などを伝授してくれます。

吉田塾

学校の補習・定期試験対策から、早慶附属高校や開成高校の受験対策までできるのが吉田塾です。

塾の概要・特徴

東京都の池袋と原宿に、それぞれ教室を持っています。授業は1対3でおこなわれ、インプットだけでなくアウトプットの時間も豊富に確保。学んだ知識をアウトプットする機会が多いため、習得スピードがグッと速まります。個別指導だからこそ学校の授業理解や定期テスト対策、難関高校の受験対策まで、幅広いニーズに対応できるのも特徴です。

担当講師は塾を卒業するまで固定され、子どもの英語指導に全力投球。早期に信頼関係を築きながら、二人三脚で目標達成まで駆けぬけます。

費用

吉田塾のホームページによると、中学生が週1回通塾する場合、月額料金は22,000円となっています。

おすすめポイント

授業時間は自由に選べるので、部活動や習いごとで忙しい中学生も、英語学習と上手に両立できるでしょう。またオンラインにも対応し、自宅にいながら英語学習をしたい子どもにもおすすめです。

英語塾エベレスト

体験創造型授業で、世界トップレベルの学生と対話・議論できる英語力を習得できるのが、英語塾エベレストです。

塾の概要・特徴

東京都の茗荷谷と自由が丘に教室を持っており、受験英語ではなく、「自分の考えを英語で伝えられる人を育てる」を目標にかかげています。そのため学年別ではなく、「レギュラーコース」と「インテンシブコース」、「留学直前コース」のすべてのコースへ英語力に応じた参加が可能です。

通常授業だけでなくスカイプによる英会話や日記のライティング、動画視聴といった自宅学習を含めて、週7日間の英語学習を目標とします。通常授業は体験創造型。講師が録音した会話文を耳で聞きながら声に出すシャドーウィング、予測がつかない状況でも文章で答えるトレーニングなどをくり返しながら、実用的な英語力を身に付けます。

費用

英語塾エベレストのホームページによると、月の授業料は1対3のグループレッスン(2時間の実践レッスン)と1対1のプライベートレッスン(1時間の実践レッスン)で63,800円、1対1のインテンシブプライベートレッスン(2時間の実践レッスン)で89,320円となっています。

おすすめポイント

自宅学習も含めて週7日間の英語学習が求められるなど、英語に対する相応の時間確保が必要です。子どもによっては大変かもしれませんが、毎日英語に触れることで実用性の高い英語力を習得できるでしょう。

ESL club

最後はESL clubです。「英語を教えない英語塾」として人気を集めています。

塾の概要・特徴

東京都の渋谷に教室を持っています。
講師は全員が日本人のバイリンガル。英検1級・TOEFL iBT 90点・TOEIC 900点レベル以上を獲得している、高い英語力を持っている講師しか採用していません。子どもの状況に合わせて英語と日本語を切り替えてくれるので、小さな疑問にもきちんと応えてくれます。

教えるのが英語ではなく、日本で暮らす子どもに適した「英語の学習法」。「スクリプトチェック」→「英文を見ながら音声と一緒にシャドーイング」→「音声を止め、英文を見ながら音読」→「英文を見ずに、音声と一緒にシャドーイング」といった段階的なシャドーイングで、子どもでも継続できる学習法です。また英検をベースとしたカリキュラムを組み、段階的に確実な英語力を身に付けられるようにもなっています。

費用

ESL clubのホームページによると、1対2のセミプライベートレッスンに週1回通う場合の月額料金は38,500円、マンツーマンレッスンは52,800円となっています。

おすすめポイント

子どもが英語力を習得するためには3,000時間の学習が必要といわれており、週1回の通塾のみでは不十分です。ESL clubでは自宅学習も促すために、学習カリキュラムを作成してくれます。子どもでも継続できる、無理のない範囲でカリキュラムを作ってくれるため、英語力が低い中学生も安心です。

まとめ

高校受験や大学受験、就職などで重要視されているのが英語です。吸収力が高い中学生のうちから英語学習に取り組むことで、将来にわたって活用できる英語力を身に付けられるでしょう。
英語塾によって特徴やカリキュラムは大きく異なるため、今回紹介した記事も参考にして、子どものニーズに合った場所を見つけてください。
 

・関連記事 ~この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます。

塾の掛け持ちのメリットとデメリットは?塾の併用について解説

【高校受験】冬期講習に行く?行かない?メリット・重要性について解説

【中学生】おすすめの冬期講習10選!特徴や費用、選び方も紹介

【中学生】冬休みのおすすめの勉強法は?平均勉強時間や注意点なども解説!

【志望校の決め方】選び方のポイントや失敗例を紹介

近くの塾を探す