2022/05/23
公開

【高3理系】夏休みの過ごし方|数学や英語の勉強法、やるべきことなどを解説

理系の高校3年生にとって、夏休みは大学受験前の大切な時期です。約1カ月にもおよぶ夏休みをどう過ごすかによって、志望校合格に大きな影響を与えるでしょう。今回は高3理系の子どもに向けて、英語と数学、理科の勉強法を解説します。また夏休みにやるべきことや有意義に過ごすためのコツについても紹介するので、ぜひ参考にしてください。

目次

目次を全て表示 
目次を一部非表示 

【高3理系】夏休みの勉強法|科目別に紹介

国公立大学志望の場合は国語と社会も必要ですが、理系の受験生にとってコア科目となるのは英語と数学、理科の3つです。私立大学の一般入試や国公立大学の2次試験で課されることが多いため、万全な対策が欠かせません。

以下で夏休みの勉強法を英語と数学、理科の科目別に紹介するので参考にしてください。ただし夏休みに到達している学力や、志望校のレベルは高校3年生の中でもさまざまです。夏休み中の勉強法や目標も違ってくるため、一人ひとりに合った勉強を進めていきましょう。

【高3夏】英語の勉強法

国公立大学を目指す場合、受験科目数が多くなることから、できれば夏休み前までに英単語と熟語、基本的な英文法の知識はマスターしておきたいところです。英語の基礎固めができていれば、2次試験で出題される長文読解対策に十分な時間を割けられます。

夏休み前に基礎固めができていない子ども、または私立大学のみを受験予定の子どもは、夏休み中は英単語と英熟語、英文法の学習から始めてください。英語の基礎は単語・熟語と英文法です。基礎ができていない状態で長文読解の勉強をしても、文章を正しく読めないため問題が解けないでしょう。

単語と熟語は、市販の単語帳などを活用してください。レベル別や収録語彙数別に分かれているので、自分の学力や志望校のレベルに合ったものを選ぶとよいでしょう。習得には時間がかかるので、夏休み中は毎日くり返すことが大切です。

英文法は参考書などで知識をインプットしたら、すぐに問題集でアウトプットをしてください。問題演習することで知識が本当の意味で身につきます。

すでに基礎固めができている子ども、または夏休みの途中で基礎固めに目途が付いた子どもは、長文読解対策を始めましょう。ただしいきなり入試レベルの長文に取りかかると大変なので、まずは英文解釈に取り組むのもおすすめです。

少し短い英文を読み、1文1文の構造を確実に理解していきます。文法的に正しく英文の意味を把握できるようになってから、入試レベルの長文読解をたくさんこなしていくとよいでしょう。

【高3夏】数学の勉強法

国公立大学を受験する場合、大学入学共通テストでは数学Ⅰ・A・Ⅱ・Bの4科目を求められるケースが多いはずです。基礎が身についている場合は、大学入学共通テスト対策に重点を置きましょう。夏休み明けの模擬試験で高得点をマークできるように、計算力のアップと解法パターンの理解に力を入れていきます。

また大学入学共通テスト対策と同時に、数学Ⅲ対策も進めておきたいところ。国公立大学の2次試験や私立大学の一般入試で課される場合、夏休み中から勉強を始めておきましょう。

数学Ⅲの概念はイメージしにくいものが多く、勉強方法や成果が表れにくいことで悩む高校生も少なくありません。しかし同じ単元を何度もくり返すことで、少しずつ概念を理解できるようになるはずです。

記述試験が課される場合、記述対策も欠かせません。記述対策で大切なのは、読み手がわかりやすい解答を書くことです。記述式問題に取り組み、自分が書いた解答内容と、解説に載っている解答を比べてみましょう。どのように書けばわかりやすく、コンパクトにまとまっているのかが理解できるはずです。

【高3夏】理科の勉強法

理系の高校生の多くは化学か物理、生物から理科の科目を選ぶことになるでしょう。それぞれの勉強法を紹介します。

化学の勉強法

化学を勉強する際のポイントは、知識の習得と問題演習をバランスよくおこなうこと。周期表や炎色反応、モル計算、酸化還元反応など、知識の暗記だけで得点できる単元も多いので、取りこぼさないようにしてください。

基礎知識や定義、原理などを学んだら、問題集などを使ってアウトプットをおこないます。夏休みの段階で典型問題が解けるようになっていると、後々の勉強が楽になるでしょう。

物理の勉強法

物理の中で最優先に取り組んでほしいのが、力学です。大学入試で頻出分野となることだけでなく、あらゆる分野に共通する事項となるためです。夏休み中は力学を完璧にすることを目指し、その後で熱と波動、電磁気の勉強を進めていきましょう。

生物の勉強法

生物は化学や物理と比べると、暗記が得点につながる科目です。夏休み中の目標は、出題範囲の基礎を一通り終わらせること。教科書レベルの知識は身につけ、さらに問題演習で基礎固めをしておきましょう。

ただし記述問題が課される場合、用語の暗記だけでは太刀打ちできません。各項目について、数十字で内容をまとめる練習をしておくと安心です。

【高3理系】夏休みにやるべきこと

続いては理系の高校3年生が、夏休みの間にやるべきことを全部で5つ紹介します。

現状の学力を把握する

まずは、現状の学力を正確に把握しましょう。目標とする大学のレベルに対して、「いまどのくらいの学力があるのか」「何が課題となっているのか」などがわからないと、具体的に勉強を進めていくことはできません。

学力を把握する方法の一つが、過去に受けた模擬試験の結果を分析すること。志望校の判定だけでなく、各科目のトータル点数や、特に得点できていない単元などもふり返ってみてください。

過去問を解く

高校3年生の夏休みの段階では、多くの子どもが志望校を絞っていることでしょう。夏休み中に志望校の過去問や、国公立大学志望者は大学入学共通テストの過去問を解いてみてください。

具体的な入試傾向は、大学や学部・学科ごとに異なります。たとえば同じ物理が課されていたとしても、力学が毎年必ず出題されるところ、原子が出題されるところなどさまざまです。志望校に合格するためには、それぞれの出題傾向に沿った勉強が欠かせません。

基礎学力が身についていない場合、夏休みに過去問にチャンレンジしても、合格点からはほど遠い結果が予想されます。「落ち込みたくないから」といった理由で後回しにする高校生もいますが、出題傾向をつかむために利用するので、結果を気にする必要はありません。

英語・数学の総復習をする

前述したように、理系受験生のコア科目となるのは英語と数学、理科の3つです。中でも英語と数学は積み重ねの科目といわれており、短期間での成績アップは難しいといわれています。

そのため英語と数学の基礎学力が乏しい場合、他の科目を優先して勉強に取り組んでください。夏休みの間に何とか英語と数学の基礎固めに目途が付くと、夏休み明け以降の勉強がグッと楽になります。空いた時間で志望校別の問題演習に取り組んだり、国公立大学志望者は国語や社会の大学入学共通テスト対策に取り組んだりもできるでしょう。

理科は入試範囲の勉強を終わらせる

高校のカリキュラムにもよりますが、理科は自分で入試範囲の学習を終わらせる必要が出てきます。高校によっては高3の夏の時点でも、理科の授業が終わっていないところも少なくありません。受験直前になってようやく、入試範囲の学習が終わるところもあるほどです。

学校の授業進度に合わせて理科の勉強をしていては、大学入試には間に合いません。特に理系受験の場合、国公立大学の2次試験や私立大学入試で、記述式の問題が課されることもあるでしょう。早い段階からの対策が求められるため、自分で先取り学習をしておきましょう。

国公立大学志望者は、文系科目の勉強も進める

国公立大学を志望する場合は、国語や社会といった文系科目の勉強も進めなければいけません。勉強するべき科目が多くなるため、より計画性を持って夏休みの学習をしていきましょう。

【高3理系】夏休みの勉強計画を立てる際のポイント

効率的に夏休みの勉強を進めていくためには、勉強計画を立ててください。できれば夏休みに入る前に立てることで、スムーズなスタートを切れるようになります。

勉強計画を立てる際は、1日単位で勉強時間や勉強内容を細かく設定するのがポイント。あらかじめ時間と内容を決めておくことで、やるべきことが明確になり、また「17時までには終わらせよう」とモチベーションアップにもつながります。

1日における理想の学習時間は、10時間です。午前と午後、夕食後などに小分けにすると、無理なく継続できるでしょう。勉強計画の立て方については、下記の記事で解説しています。

・【大学受験】夏休みのスケジュールの立て方|勉強計画表を作るメリットなど紹介

【高3理系】夏休みを有意義に過ごすコツ

大学受験対策として夏休みを有意義に過ごすためには、いくつかのコツがあります。主なものを全部で3つ見ていきましょう。

夏休み中の目標を立てる

まずは目標を明確にしましょう。目標がないと、何に向かって頑張っているのかがわからなくなってしまいます。不完全燃焼におちいる原因にもなるため、必ず夏休み中の目標を設定してください。

夏休みが終わる頃に「苦手の数学は、標準問題ができるまで克服する」「志望校の過去問を10年分取り組んで、出題傾向をつかむ」など、具体的にどのようになっていたいのかをイメージしてみます。そして目標達成に向けて、具体的な勉強計画を細かく設定していくのがおすすめです。

生活リズムを整える

2つ目は生活リズムを整えることです。夏休みは学校の授業がなくなることから、これまでのような規則正しい生活を強制されることがありません。そのため好きな時間に起きたり、部屋でテレビを見たり、夜遅くまで起きていたりする高校生がいるかもしれません。

しかし前述した1日あたりの理想となる勉強時間、10時間をクリアするためには、規則正しい生活を送ることが必須です。学校があったときと同じように、早寝早起きを心がけてください。

高校生の中には「夜中の方が集中できるから」といって、昼夜逆転する子どももいるでしょう。しかし本来眠っている時間帯に勉強をしても、思っている以上に集中できていないもの。また夏休み明けの学校生活を考えても、昼夜逆転の生活はおすすめできません。

勉強する優先順位を決める

勉強計画を立てる際は、優先順位を考えるようにしましょう。

たとえば志望校の入試で英語が200点、数学が100点とった配点の場合、数学よりも英語の方が重要だとわかります。しかし英語よりも数学の成績が著しく悪かった場合、配点は低かったとしても数学の学習を優先させる必要があるかもしれません。それぞれの状況に合わせながら、勉強する科目や単元の優先順位を決めていくとよいでしょう。

まとめ

理系の高校3年生にとっての主要科目は英語と数学、理科の3つです。国公立大学を受験する場合は、さらに国語と社会も勉強する必要があります。最優先するべき科目は英語と数学の2つ。短期間の学習で成果が表れにくいため、基礎固めができていない高校3生は夏休みに最優先して取り組みましょう。

今回紹介した科目別の勉強法や夏休みにやるべきことを参考にして、効率的な受験勉強を進めていってください。

・関連記事 ~この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます。

【大学受験】高校生が通う夏期講習を徹底解説!メリットや選び方も紹介

【大学受験】高校生向けのおすすめ夏期講習10選|塾・予備校の選び方など紹介

【大学受験】オンライン夏期講習を徹底解説!選ぶ際のポイントやおすすめ塾なども紹介

【大学受験】夏休みまでにやるべきことや勉強計画の立て方|おすすめ塾も紹介

【大学受験】夏休みの基礎固めのやり方|いつまでにどこまでやればいい?

注目記事

すべての注目記事を見る

新着記事

すべての新着記事を見る

 近くの塾を探す