お子様に最適な塾をお探しならベスト塾ガイド!

全国40,023教室掲載!日本最大規模の塾検索サイト

2022/01/26
公開

中高一貫校生におすすめの塾|塾に通うメリット、注意点を徹底解説!

中高一貫校へ通っている子どもを持つ保護者の中で、塾に通わせようかどうか迷っている人はいませんか?高校受験はないものの、学習塾へ通っている中高一貫校生は実際のところ少なくありません。今回は中高一貫校生に塾は必要かについて、通塾するメリットや注意点、ベスト塾ガイドがおすすめする中高一貫校生に合った学習塾と一緒に紹介します。

中高一貫校生に塾は必要?

結論から述べると、中学生のうちは無理に学習塾へ通う必要はありません。よほど成績が悪くない限りは高校へ自動的に進学できるほか、学校によって程度の差はあっても、授業のカリキュラムがしっかり整っているためです。

ただし授業に付いていけなかったり、テストの成績がずっと悪かったりする子どもの場合は、塾が必要といえるでしょう。

本来中高一貫校へ通っているほとんどの子どもは、高い成績を目指せる力を持っています。しかし何かしらの理由で一度成績が伸び悩んでしまうと、学校の環境だけで挽回するのは難しいもの。6年間ずっと同級生や先生が変わらず、学習の停滞を脱出して変化する機会がないためです。

そのため学習塾へ通うことで、停滞期の脱却が期待できます。また高校生になって、大学受験を控えている子どもにも塾は必要といえます。

中高一貫校生が塾に通うメリット

中高一貫校生が塾に通って勉強することで、以下のようなメリットが生まれます。

メリット①:早くから大学受験対策ができる

恐らく中高一貫校へ通っている多くの子どもは、大学受験を視野にいれていることでしょう。高校受験の必要はありませんが、大学に通うために大学受験は必須です。

学習塾へ通うことで、早い段階から大学受験対策を進められるようになります。大学受験対策は早ければ早いに越したことはないため、レベルの高い大学への合格可能性も広がるでしょう。

メリット②:授業の遅れを取り戻せる

中高一貫校の授業スピードは、非常に速いことで知られています。目安としては公立学校よりも1年ほど速く、中学3年生になると高校1年生の学習項目を勉強することになるでしょう。

そのため子どもによって授業内容に付いていけず、他の同級生に大きな遅れをとってしまいます。学習塾の中には中高一貫校のカリキュラムに合わせた指導をおこなっているため、授業の遅れを取り戻しながら勉強を進めていけるはずです。

メリット③:苦手分野を克服できる

3つ目のメリットは苦手分野を克服できることです。小学校よりも、そして公立中学・高校よりも中高一貫校の授業レベルは高くなります。苦手分野・科目も表れやすく、一度表れると意識をして取り組まないと克服できません。

しかし学校の授業スピードは速いため、授業に付いていくことで精一杯。苦手分野や科目の克服に取り組む余裕がないかもしれません。

学習塾の中でも特に個別指導塾なら、生徒一人ひとりのニーズに合わせて指導してくれます。学ぶべき箇所の要点を絞って指導してくれるため、苦手分野の克服に最適です。

メリット④:新しい環境で刺激を受けられる

前述したように中高一貫校は6年間、同じような同級生や先生に囲まれて過ごすことになります。子どもによっては変わらない環境が続き、学校生活や勉強がマンネリ化してしまうかもしれません。

学習塾には他の学校からも子どもが通ってくるため、新しい出会いが期待できます。新しい環境で刺激を受け、学習へのモチベーションも高められるでしょう。

中高一貫校生が塾に通う時の注意点

中高一貫校生にとって多くのメリットがある学習塾ですが、通塾を考える際は以下の注意点を理解しておきましょう。

注意点①:費用がかかる

通塾には当然のことながら、費用がかかります。特に私立の中高一貫校へ通学している場合、学校の学費は高く設定されているため、家庭によっては塾と学校、両方の費用を捻出するのが大変です。

塾の費用は集団指導なのか個別指導なのか、受講するコース、コマ数・科目数などによって異なります。集団指導の場合は週2回の通塾で月額18,000円ほど、個別指導塾の場合は週2回の通塾で月額26,000円ほどが相場です。家庭ごとの予算を相談しながら、予算の範囲で通える塾を探しましょう。

注意点②:塾に通う時間があるか

そもそも塾に通う時間を確保できるかも、塾を選ぶ前に確認してください。塾がある場所によっては、往復の通塾時間も必要です。また塾で毎回課題が課される場合、学校の宿題にプラスして自宅で取り組まなければいけません。

あまりにも過密な内容になると、子どもは体力的にも精神的にもダウンしてしまいます。学校の授業や部活動、子どもの体力などをトータル的に考えて、塾に通う時間をさらに確保できるかどうかを検討してみてください。

【中高一貫校生向け】おすすめ塾7選!

中高一貫校生が通える塾はたくさんあるため、どこが子どもの学習ニーズに合っているか迷ってしまいます。以下でベスト塾ガイドがおすすめする場所を7カ所紹介するので、塾選びの参考にしてください。

おすすめ塾①:早稲田アカデミー

まずは難関中学・高校・大学受験対策に強い、早稲田アカデミーです。

塾の特徴

早稲田アカデミーでは中高一貫校の中1~中3を対象として「大学受験コース」、そして高校生向けのコースを開設しています。大学受験コースでは英語と数学、国語の3教科学習に重点を置き、最難関大学合格に向けた基礎力を中学生のうちから築いていくのが特徴です。

最上位クラスでは中学3年生で高校の学習内容をすべて終わらせるなど、ハイレベル・ハイスピードなカリキュラムが設定。高速カリキュラムで早期に学習の全体像をつかみ、余裕を持ってその後の学習戦略が立てられるようになります。

授業は発問が中心です。講師による質問を通して生徒自身が考え、理解力や思考力を深めていきます。また定期テスト対策や個別面談、保護者会といったサポート体制も充実。大学受験を視野に入れた学習計画を、きっちり最後までやりきります。

早稲田アカデミーについてはこちらの記事でも解説しているので、ぜひご覧ください。

塾の料金

早稲田アカデミーのホームページによると、中高一貫校中学1~3年生を対象とする講座の受講料は、1講座あたり月額12,100円です。

おすすめ塾②:Z会

幼児から大学生・社会人まで、幅広い年代層へ学習サービスを提供しているのがZ会です。

塾の特徴

Z会では中高一貫校へ通う中学生向け、そして大学受験を目指す高校生向けにコースを設置しています。東京大学や京都大学といった、最難関大学に長年合格者を輩出しているので安心です。

授業は少人数制を採用。一人ひとりに講師の目が行き届きやすく、丁寧できめ細やかな指導をおこないます。講師と生徒との双方向性のやり取りを重視し、子どもの理解度を一つずつ確認しながら授業が展開。適切な距離感と緊張感を保ちながら、最後まで集中できる授業内容です。

基礎固めから最難関大学対策まで各種の講座がそろっており、ニーズに合わせて受講できます。オンライン授業や個別指導にも対応可能です。

塾の料金

Z会のホームページによると、中高一貫校生向けの「120分授業(ハイレベル講座)」の月額授業料は14,100円からとなっています。

おすすめ塾③:武田塾

武田塾は大学専門の学習塾です。

塾の特徴

武田塾の特徴は授業をしないこと。一般的な他の学習塾のように講師が問題の解説をしたり、問題演習をしたりすることはありません。

代わりにするのが学習管理です。子どもの自宅学習を促すことを目的として、一人ひとりに合わせた自学自習の課題を提示します。「次の通塾までに、問題集の20ページから30ページを解いて理解しておくこと」などと細かく課題が設定され、子どもは指示どおりに勉強を進めていくだけです。

通塾日には確認テストがおこなわれ、テストの結果が基準を満たしてから次の単元に進みます。完璧にするまでは次に進まないため、確実に学力アップにつなげられるでしょう。武田塾についてはこちらの記事でも解説しています。ぜひチェックしてみてください。

塾の料金

武田塾のホームページによると、月々の授業料は安価なコースで2万円ほどとなっています。

【期間限定】今なら当サイトから入塾でamazonギフト券5,000円分プレゼント!
教室を探して、問い合わせる
武田塾の紹介ページはこちら

おすすめ塾④:河合塾

河合塾は「生徒満足度93.6%」と、高い人気を持つ学習塾です。

塾の特徴

河合塾では中高一貫校生を対象としたコースを複数展開。東京大学現役合格を目指す「MEPLO」、無学年制・少人数できめ細かく指導する「K会」、中高一貫校の中学3年生を対象とする「中学グリーンコース 中高一貫(速習)コース」などがあります。

「中学グリーンコース 中高一貫(速習)コース」の目標は、第一志望の大学に現役で合格すること。1クラス10人~20人の少人数制クラスで、講師とのコミュニケーションを大切にした授業です。

講師は全員がプロ。中高一貫校の学習状況を徹底的に把握し、マニュアルではない柔軟な指導をおこないます。豊富で確かな入試情報も持ち合わせており、学習指導や進路指導にも生かしているのが特徴です。

河合塾についてはこちらの記事でも解説しているので、ぜひ目を通してみてください。

塾の料金

河合塾のホームページによると、「中学グリーンコース 中高一貫(速習)コース」の「アドバンスト英語(速習)/アドバンスト医進英語(速習)」の授業料は、年間141,050円となっています。

おすすめ塾⑤:東京個別指導学院

おすすめ塾の5つ目は、東京個別指導学院です。

塾の特徴

東京個別指導学院は個別指導をおこなう学習塾。一人ひとりのニーズや希望に合わせて学習カリキュラムを作成してくれるので、中高一貫校へ通う生徒も安心して利用できます。

入塾すると学習カウンセリングがおこなわれ、現在の学習状況や得意分野・苦手分野、子どもの性格、志望校などを細かく聞き取り。希望者は学力チェックも受けられます。聞き取った情報をベースに学習カリキュラムが作成され、授業理解から定期テスト対策、大学受験対策まで幅広い指導がおこなわれます。

1つの教室に平均40人以上の講師が在籍しており、受講開始後の講師変更もOK。子どもの性格や相性に合った講師を見つけられます。また受験業界大手のベネッセグループに所属しており、大手ならではの最新の受験情報を手に入れられるのも特徴です。

塾の詳細はこちらの記事でも解説しているので、ぜひご覧ください。

塾の料金

中学生が週1回通塾する場合、月の授業料目安は約24,840円です。料金についてはこちらの記事も参照してください。

【期間限定】今なら当サイトから入塾でamazonギフト券5,000円分プレゼント!
教室を探して、問い合わせる
東京個別指導学院の紹介ページはこちら

おすすめ塾⑥:個別指導Axis

1回の授業ごとに綿密なプランを作成し、中高一貫校生の学力アップを目指せるのが個別指導Axisです。

塾の特徴

個別指導Axisでは中高一貫校対策を実施。学校の授業理解を最優先とし、実際に使っている教科書に沿って学習カリキュラムを編成。学校の宿題量に合わせて塾の課題も調整し、負担を感じることなく勉強を進められるようになっています。

授業は1対1の完全マンツーマンのほか、講師1人に対して生徒が2人付くスタイルもあります。子どもの性格や学習ニーズに合わせて指導スタイルを選ぶとよいでしょう。

1回ごとの授業プランは綿密です。まずは担当講師が授業プランを作り、校責任者のアドバイスをもらいながら、さらに良いものへ改善。授業終了後は再度校責任者と協議をして、次の授業プラン作成に生かします。

また個別指導だけでなく「スーパー講師大学受験映像講座」と呼ばれる、映像授業も受けられます。基本から大学入試までさまざまなレベルの映像授業が全部で1794講義も準備されており、中学生からの長期計画で難関大学合格も夢ではありません。

個別指導Axisについてはこちらの記事でも解説しているので、ぜひ目を通してみてください。

塾の料金

中学3年生が週1回通塾する場合、月の授業料目安は約19,000円です。詳細はこちらの記事もご覧ください。

【期間限定】今なら当サイトから入塾でamazonギフト券5,000円分プレゼント!
教室を探して、問い合わせる
個別指導Axisの紹介ページはこちら

おすすめ塾⑦:進学個別指導のTOMAS

最後のおすすめ塾は、進学個別指導のTOMASです。

塾の特徴

進学個別指導のTOMASは1対1の、完全マンツーマンの個別指導塾。授業中は講師を独り占めできるため、濃密な学習指導を受けられます。ホワイトボードが付いた個室で授業がおこなわれ、学校の授業のように緊張感を保って勉強を進めていけるでしょう。

授業は発問と解説が中心。講師が生徒へ発問し、生徒は自分の頭で考えて答えます。不十分な点や間違っている点は講師が丁寧に解説するなど、確実に学習内容を理解できる構成です。

大学受験・医学部受験を目指している中高一貫校背向けには、ハイレベルな学習指導を展開。計画的に受験勉強を進めていき、現役合格を目指します。進学個別指導のTOMASについてはこちらの記事でも解説しているので、ぜひ参考にしてください。

熟の料金

中学3年生が週1回通塾する場合、月の授業料目安は約38,000円です。料金についてはこちらの記事でも解説しているので、ぜひご覧ください。

【期間限定】今なら当サイトから入塾でamazonギフト券5,000円分プレゼント!
教室を探して、問い合わせる
進学個別指導のTOMASの紹介ページはこちら

中高一貫校生はいつから塾に通うべき?

中高一貫校生が塾に通うべき時期は、子どもによって異なります。先に述べたように、特に学力に問題がない子どもの場合、無理に中学生のうちから通わせなくても大丈夫です。

大学受験を視野に入れ、できるだけ早いうちから対策をスタートさせたい場合は、中学3年生に進級するときがおすすめ。学校の授業カリキュラムが高校生の単元に入るため、ちょうどよいタイミングといえます。志望大学の受験科目にもよりますが、まずは英語と数学の受講を最優先にしてください。

東京大学や京都大学といった最難関大学、医学部受験を考えている場合、また学校の授業にもの足りなさを感じている場合は、中学1年生の段階から通い始めてしまっても問題ありません。

それぞれの学力や大学受験に対する考え方、志望校のレベル、学校で課される宿題量、部活動などから、総合的に通い始める時期を検討しましょう。

まとめ

中高一貫校へ通っている子どもの中で、できるだけ早い段階から大学受験対策をしたい子ども、または学校の授業に付いていけない子どもは塾の利用を検討してみましょう。中高一貫校生向けのカリキュラムを組んでいる学習塾へ通えば、子どもの学習ニーズに合わせて勉強ができます。

今回紹介した7つの学習塾は、どれもベスト塾ガイドがおすすめするところばかり。無料体験をおこなっている塾もあるので、気になったところがあれば気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

・関連記事 ~この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます。

【中高一貫校生】夏期講習の選び方・おすすめ塾について!勉強法もご紹介

【中学生の塾選び】失敗しない!選び方のポイントを徹底解説

【高校生の塾選び】失敗しない!選び方のポイントを徹底解説

中学生向けのおすすめ学習塾10選!特徴・サポート体制も比較チェック

高校生向けのおすすめ学習塾10選!特徴・サポート体制も比較チェック

【中学生】リーズナブル・安く通えるおすすめ塾10選!塾ごとの費用・特徴も解説

【中学生】おすすめのオンライン塾10選!塾ごとの特徴も徹底解説

【中学生】おすすめの英語塾10選!選び方のポイントも解説

近くの塾を探す