お子様に最適な塾をお探しならベスト塾ガイド!

全国39,505教室掲載!日本最大規模の塾検索サイト

2021/06/30
公開

【中学生の塾選び】失敗しない!選び方のポイントを徹底解説

中学校で勉強する学習内容は、小学校と比べて格段にレベルが上がります。難しくなる授業に付いていけず、「成績がなかなか上がらない」「テストの点数が下がってしまった」などの悩みを抱える子供も多いことでしょう。 さまざまな目的から塾通いを検討する人がいますが、塾はどのように選べば良いのでしょうか。中学生向けの塾は塾によって特徴が異なるため、しっかりと吟味して選ぶことが大切です。今回は中学生向けの塾選びとして、自分にピッタリ合った選び方を解説します。

通う目的を明確にすることが大事

中学生向けの具体的な塾を選ぶ前に、まずは通う目的を明確にしましょう。一言で「学習塾」といっても対象者や指導科目・カリキュラム、授業形式は全く異なります。

例えば「学校の授業理解があやふやなのに、難関高校受験対策を行っているスパルタ式の学習塾に入る」「基礎力はすでに身に付いていて応用問題に取り組みたいのに、基礎学習に力をおいている学習塾に入る」などでは、明らかに子供が持つ学習ニーズを満たすことはできませんよね。


周りの雰囲気に流されて何となく学習塾に入る中学生もいますが、明確な目的を持たずに安易に塾を選んでしまうと、入塾してから「こんなはずではなかった」と後悔する可能性が高まります

「基礎学力が身に付いていないので、まずは学校の授業を理解できるようになりたい」「数学だけが苦手なため、数学だけ集中して指導を受けたい」「基礎項目は自分で学習できるので、塾では高校受験を意識した応用問題演習に取り組みたい」など、なぜ塾に通いたいのかの目的をそれぞれ明確にすることから始めましょう。

授業形式、料金、立地…なにで判断するとよい?

塾に通う目的を明確にしたら、次に具体的な塾を探していきましょう。前述したように中学生向けの塾と一口にいっても、塾によって特徴が大きく異なります。それぞれの塾のどのような要素を見て判断すれば良いのかを、一つずつチェックしていきましょう。

授業形式

最初の判断項目は授業形式です。どのような授業形式を取っているかは、それぞれの塾によって異なります。また同じ学習塾でも複数の授業形式を採用しており、中学生がニーズや希望に合わせて選べることも。授業形式については大きく、集団型と個別型に分けられます。

【1】集団型の授業形式

複数の中学生が一緒のクラスで授業を受けるスタイルが「集団型」。学校の授業と同じような雰囲気で、塾の先生が教壇に立って黒板やホワイトボードなどを使って授業を進めていきます。著名な先生やカリスマ講師が在籍しているような学習塾で多く取り入れられていますね。

1クラスあたりの生徒数は塾やコースによってさまざま。15人~20人以下の少人数タイプから、広い教室で30人以上の生徒が一緒に授業を受ける大人数タイプまであります。学力や志望校別などでクラス分けされるのが一般的です。

集団型が持つ大きなメリットは仲間との競争意識が働くこと。同じ学力・目的を持った同級生が一緒のクラスで勉強をするため、「あの友達には負けたくない」といった競争心が高まり、勉強意欲向上につながっていくことでしょう。

さらに塾によっては学力順に席順を決めたり、テストの成績に基づいて定期的にクラス替えが行われたりと、モチベーションアップに向けた工夫もしています。生徒が授業に合わせていくことが求められるため、やる気の高い中学生は自ら進んで勉強をしていくようになるはずです。

【2】個別型の授業形式

もう一つの授業形式が個別型です。生徒1人~5人ほどに対して先生が1人付いて、それぞれ個別に指導をしてくれます。

1対1の完全マンツーマン指導では、授業時間中は先生を独占できるのが魅力ですね。常に付きっきりで学習指導をしてくれるので、特に苦手科目の克服におすすめです。

生徒2人以上に先生が1人付くスタイルでも、生徒全員が同じ授業を受けるわけではありません。一人の生徒が先生から解説を受けている間、他の生徒はそれぞれで問題演習に取り組みます。解説と問題演習のバランスが取れており、学んだ知識をすぐに活性化できるのが特徴です。

生徒の数に限らず、基本的には生徒一人ひとりにオーダーメイドカリキュラムが組まれます。それぞれの学力や希望に合わせて勉強できるのは優れたメリットと言えるでしょう。

カリキュラム

塾が提供しているカリキュラムもしっかり確認しておきましょう。

まず塾によって指導してくれる教科は異なります。中学生向けの多くの塾では数学と英語は指導教科に入っていますが、国語と社会、そして理科は指導していない塾もあるので注意してください。また5教科指導とうたっていても通常は数学と英語のみの指導で、他3教科は定期テスト前の対策としてだけ行っているところもあります。5教科をバランス良く勉強したい人、難関高校受験を予定している人はしっかりチェックしておきましょう。

学習塾、そして同じ学習塾でもコースや講座によって対象となる生徒は異なります。基礎学力養成を目的としているのか、公立高校受験対策を目的としているのか、それとも難関高校受験対策を目的としているのかなど、自分のニーズと照らし合わせてみてください。

またどのように授業が進んで行くのかも要チェックポイントですね。塾の中には家庭での予習を前提として授業が進んで行くところもあり、部活動が忙しくて予習時間を確保できない子供にとっては負担となります。いまの生活スタイルで無理なく通塾できるかどうかを検討してみてください。

強み・弱み

塾にはそれぞれ特徴があるように、強みもあれば弱みもあるのが当たり前です。

例えば先に述べた集団型の学習塾の強みは他の生徒と切磋琢磨し合えることですが、一斉に授業を受けることから一人ひとりに合わせたきめ細かい指導は期待できないでしょう。一方、個別型の学習塾は一人ひとりのニーズに合わせた勉強が可能。ですが、仲間がいないことから競争意識が働きにくく、勉強への強いモチベーションが働きにくくなる可能性も。

候補となっている塾の強みと弱みを整理して、弱みが子供にとってマイナスに働くことなのかどうかを検討してみると良いですね。

先生

授業形式やカリキュラムと同じくらい学力向上に大切なのが、塾で教えてくれる先生です。先生にもさまざまなタイプがあり、また一般的な学習塾では専任の先生の他にアルバイトの先生がいます。それぞれの特徴について見ていきましょう。

【1】先生のタイプ

集団型で難関高校受験対策を目的としているような学習塾では、厳しいスパルタタイプの先生が少なくありません。豊富な指導実績と知識を兼ね備え、志望校合格に向けた学力アップのために熱心な指導をしてくれます。

一方で基礎学力理解を目的としている学習塾や、個別型の学習塾では優しく子供のペースに合わせて指導をしてくれる先生の在籍が特徴です。「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている生徒が無理なく学習を継続できるように、じっくりと信頼関係を構築しながら学習指導を行ってくれます。

それぞれのお子さまの特性やキャラクターを見て、どのようなタイプの先生が合っているのかを検討してみましょう。

【2】専任の先生とアルバイトの先生

通おうと思っている塾の先生が塾専任なのか、それとも大学生などのアルバイトなのかも確認してください。

専任の先生は正社員として雇われていることも多く、毎日のように教壇に立って授業をしています。必然的に指導経験が豊富に蓄積されており、生徒が理解しやすく、また学習意欲を向上できるような授業をしてくれるでしょう。また高校受験に関する情報やノウハウも多く持っていることから、効果的な受験指導も期待できます。

アルバイト先生の特徴は、生徒との年齢が近いこと。多くの先生は10代後半から20代前半と若く、中学生にとってお兄さんやお姉さんのような存在です。話しがしやすいことからすぐに塾に馴染み、特に初めて塾通いで緊張しているような子供にとって大きなメリットとなるでしょう。

評判

入塾を考えている塾に実際に通ったことがある人、そして現在進行形で通っている人の評判は塾選びの参考になります。もしクラスメイトや同級生、近所の子供などで通っていた人・通っている人がいれば、どのような学習塾なのかを聞いてみましょう。授業形式やカリキュラム、先生、成績が伸びたかどうかなどについて聞いてみてください。

またある程度規模のある学習塾や老舗の学習塾の場合、インターネット上に評判や口コミが掲載されている可能性がありますので、チェックしてみてもよいですね。

ただし評判は絶対ではありません。評判が良くてもどうしても合わない、逆に評判が悪くても自分の子供にはピッタリ合っていたというのは、十分に考えられること。評判は参考材料の一つとして理解し、最終的には自分の目で確認をしてから判断しましょう。

料金

塾へ通うためには、当然ですがお金が必要です。授業料は塾によって差があるので、入塾する前に確認しておきましょう。

一般的に個別型の学習塾は人件費がかかることから、集団型よりも高くなります。いくら質の高いカリキュラムを提供しているからといって、家計に大きな負担となるほどの授業料では大変です。これからどのくらいの期間通うことになるのかを考えて、家計に大きな負担とならずに払える範囲の授業料なのか見極めましょう。

塾の中には授業料を明確に提示していないところもあります。また提示されている授業料以外にも講習会費や教材費などがプラスされていく塾もあるので、入塾前にはっきりとさせておきましょう。

場所・周りの環境

場所は塾周りの環境も大切な判断要素の一つ。例えば塾が学校や自宅から遠く離れているような場合、通塾すること自体が中学生にとって負担となってしまいます。

また夜遅くに塾の授業が終わって中学生が一人で帰宅するとなると、塾周りの環境もチェックしておきたいところ。遠すぎず、安全に通えるロケーションかどうかも確認しておきましょう。

サポート体制

最後はサポート体制です。通常の学習指導だけでなく、子供の成績アップや適切な進学に向けてどのようなサポートをしてくれるのかを調べてください。個別相談や保護者面談だけでなく、塾によっては担任制を採用して一人ひとりの生徒にきめ細かいフォローをしているところもあります。

また特に高校受験を目指している人にとって重要なのが、進路相談ができるかどうかです。子供の学力と照らし合わせて、志望校選びや合格に向けた進路相談に乗ってくれる塾は頼りになるでしょう。

塾選びで注意すること

最後に中学生向けの塾選びで注意したいことを紹介します。

友達が通っているだけの理由で選ばない

仲の良い友達が通っているだけの理由で、安易に塾を選んではいけません。友達が通っていると安心感がありますが、塾通いの目的や最適な塾は一人ひとり異なります。

学力向上や志望校合格といった目的達成のために通う場所と捉え、目的に合った塾を選ぶようにしましょう。

料金の安さだけで選ばない

料金の安さは確かに魅力です。しかし極端な料金の安さには、安いなりの理由があると考えましょう。人件費を削っているため先生の質が高くない、教材を使い回ししている、サポート体制が整っていないなどの可能性が考えられます。

ただし塾の中には広告費を抑えることでリーズナブルな授業料を実現しているところもあるため、しっかりと中身を見ることが大切です。

親子で話し合いを重ねる

親が思っている塾への希望と、子供が思っている塾への希望が異なるケースは多々あること。お金を出す親と塾に通う子供、双方が気持ちよく塾学習をスタートできるように、親子で話し合いを重ねましょう。

それぞれの希望や譲れない部分をリスト化して、リストを元に話し合うとスムーズですね

いくつかの塾を比較する

最後はいくつかの塾を比較することです。

複数の塾を比較することで、それぞれの強みや弱み、特徴が明らかになってきます。強みと弱みをピックアップしてみましょう。さらに子供の目的に合わせて比較してみると、最適な塾が分かってくるはずです。

まとめ

中学生向けの塾を探す場合、まずは何のために塾へ行くのかの目的を明確にしてください。学校の成績を伸ばしたいのか、定期テストの点数をアップさせたいのか、それとも難関高校受験に向けた対策をしたいのかなど、それぞれの目的を整理してみましょう。

そして一か所だけでなく、必ずいくつかの塾をピックアップして、特徴や強み・弱みを比較することが大切です。今回紹介した選び方のポイントも参考にしながら、中学生に向けたピッタリの塾を探してくださいね。

近くの塾を探す