お子様に最適な塾をお探しならベスト塾ガイド!

全国40,023教室掲載!日本最大規模の塾検索サイト

2022/01/27
公開

【高校生】大学受験対策の安いおすすめ塾|費用相場や塾に通うメリットも解説

「大学受験を目指す高校生の子どもを、塾や予備校に通わせたい」「できるだけ授業料が安いところを探したい」と思っている保護者はいませんか?学習塾の中にはリーズナブルな費用を設定しているところもあり、お得に学習指導を受けられます。今回はベスト塾ガイドがおすすめする、大学受験対策ができる安い塾を厳選してご紹介。費用相場や塾に通うメリット、安い塾に通う際の注意点と一緒に解説します。

大学受験に向けて塾・予備校に通うメリット

大学受験で志望校に合格するために、必ずしも塾や予備校に通う必要はありません。基礎学力が高い子どもや勉強の方法がわかっている子ども、学校のサポート体制が整っている場合などは、塾や予備校に通わなくても合格できる可能性は十分にあります。

しかしメリットがあるのも実際のところです。まずは大学受験対策で塾や予備校に通うメリットを見ていきましょう。

メリット①:確実に勉強時間を確保できる

合格に必要な学力を得るためには、相応の勉強時間が求められます。もちろん勉強の質も大切ですが、それなりの勉強時間を確保できての話です。

しかし高校生の中には受験勉強への意識が低かったり、部活動で忙しかったりして、学校の授業以外で勉強時間を確保できていないかもしれません。

学習塾へ通うと授業のスケジュールが組み込まれるので、必然的に机に向かって勉強する時間を確保できます。

メリット②:勉強へのモチベーションを維持できる

2つ目のメリットは、勉強へのモチベーションを維持できることです。

一般的に本格的な受験勉強を始めるのは、高校3年生に進級してから。難関大学を目指す子どもは高校3年生の4月から、部活動に参加している子どもは引退する夏休み前後あたりから、受験勉強をスタートさせます。

一般入試は年明けの1月から始まり、3月頃まで続きます。そのため子どもによっては、1年近くも受験勉強が続くというわけです。

独学で勉強をすると、長い期間を子ども1人で乗り越えなければならず、精神的にも大きなストレスがかかります。不安なことや上手くいかないことを気軽に相談できる相手が近くにいないと、勉強のモチベーションも大きく下がってしまうかもしれません。

学習塾や予備校へ通えば、同じような目標を持つ仲間が集まり、また勉強のことや進路のことを相談できる講師がいます。刺激を受けたり、相談したりできる人がいつも近くにいるので、受験終了まで勉強のモチベーションを維持できるでしょう。

メリット③:大学受験に向けての情報収集や対策ができる

効率的に受験勉強を進めて志望校に合格するためには、最新の情報収集が欠かせません。近年は大学受験のシステムは複雑化しており、また大学ごとに入学試験の傾向や内容も大きく異なります。

高校でもある程度の受験情報は持っていますが、大学別の傾向と対策、これまでの合格者の学力の推移といった、より細かい情報を持っているのは学習塾です。塾の中には大学受験情報を収集する、専門部署を配置しているところもあります。

塾や予備校に通うと、最新の受験情報や傾向に合わせた学習指導を受けられるでしょう。

メリット④:プロの講師からアドバイスをもらえる

塾や予備校によっては長年受験指導にたずさわり、豊富な知識と経験を持つプロ講師が在籍しています。たくさんの高校生を指導してきた中で、一人ひとりに合った指導方法を熟知しており、わかりやすく意欲が上がるような授業を展開してくれるでしょう。

受験勉強の方法や学習計画の立て方についてのアドバイスももらえるので、自宅での勉強もスムーズに進むはずです。

メリット⑤:子どものレベルや目的に合ったクラスで勉強できる

学校によっては学力別や目的別にクラス編成がされておらず、同じクラス内にさまざまなレベルの生徒が集まります。そのため授業がもの足りなかったり、反対に難しくて付いていけなかったりすることもあるはずです。

塾や予備校なら、子どものレベルや目的に合ったクラスで勉強ができます。基礎から難関大学受験まで学力別・目的別にクラス編成がされるため、効果的に受験勉強を進めていけるでしょう。

メリット⑥:塾の設備や授業以外のサポートを活用できる

最後のメリットは、塾の設備や授業以外のサポートを活用できることです。

塾の中には授業時間の合間や、授業自体がない日でも利用できる自習室を設けています。静かな環境で勉強に集中でき、塾によっては講師に質問ができるため、自習の効率も大きくアップするでしょう。

また講師やスタッフによる学習相談や進路相談、定期面談などをおこなっているところも少なくありません。サポート体制が充実した塾へ通えば、受験に関する不安を解消しながら勉強を進めていけます。

高校生向け学習塾の概要については、以下の記事で解説しています。個別指導塾と集団指導塾の違いについても説明しているので、ぜひご覧ください。

もっと高校生向けの塾を知ろう!

大学受験に向けていつから塾・予備校に通うべき?

大学受験に向けて塾や予備校へ通おうと思ったとき、いつぐらいから通い始めればよいのでしょうか?

通い始めるべき時期は子どもの学力や志望校のレベル、学校でどの程度サポートしてくれるかなどによって異なるものの、一般的には「高校1年生の春~夏」と「高校2年生の夏以降」が多くなっています。

高校1年生の春~夏に通い始めるのが一番の理想

高校入学の段階で大学受験が決まっている場合、高校1年生の春~夏ごろまでに塾へ通い始めるのが一番の理想です。受験対策は早いに越したことはありません。

早いうちから塾へ通って基礎を固めたり、苦手科目を克服したりすることで、余裕を持って大学受験に備えられます。特に国公立大学を受験する場合は課される科目数が多くなるため、高校1年生のうちから少しずつ勉強を進めていかなければいけません。

また総合型選抜(旧AO入試)や学校推薦型選抜(旧推薦入試)では、評定平均値が合否に大きな影響を与えます。定期テストの結果も評定につながるので、高校1年生からのテスト対策は必須です。塾や予備校で勉強をしておけば、定期テストの高得点取得が期待できるでしょう。

遅くても高校2年生の夏までには通い始めたい

塾や予備校へ通うことを考えているのであれば、遅くても高校2年生の夏までには通い始めたいところです。

高校3年生以降は志望校別や大学入学共通テストなど、本格的な問題演習に取り組むことになります。その段階で基礎固めができていなかったり、苦手な科目があったりすると、本格的な問題演習を進めていけません。

また先に述べたように国公立大学を受験する場合、受験科目数が多くなります。高校3年生になってからようやく勉強を始めても間に合わないでしょう。そのためどれだけ遅くても、高校2年生の夏ごろまでには塾・予備校に通い始めるのが大切です。

【高校生】塾・予備校の平均的な費用

高校生が塾や予備校に通う場合、他の家庭ではどのくらいの費用をかけているのでしょうか?平均的な費用を知ることで、大まかな相場がわかるはずです。

次の表は文部科学省が発表した「平成30年度子供の学習費調査の結果について」に基づく、高校生の1年間の学習塾費用平均額です。

区分 高校1年生 高校2年生 高校3年生 全体平均
公立高校 71,534円 98,567円 150,650円 106,884円
私立高校 85,200円 120,636円 183,807円 129,313円

上記の金額は学習塾に通っていない家庭、つまり塾代がゼロ円の家庭も含まれています。そのため実際に学習塾を利用している高校生だけを見ると、上記の数値よりも高い金額となるでしょう。

また集団指導塾と個別指導塾、それぞれの年間費用平均は以下の通りです。

区分 高校1年生~2年生 高校3年生
集団指導塾 40万円~50万円 50万円~70万円
個別指導塾 50万円~80万円 60万円~100万円

全体的に個別指導塾は人件費がかかることから、集団指導塾よりも費用は高くなります。
また受験学年となる高校3年生になると、カリキュラムが密になったり、受講科目数が多くなったりするため、高校1年生~2年生と比べて割高です。

【高校生】安い塾に通う際の注意点

できるだけ費用が安い塾は、多くの家庭にとって助かるはず。しかし安ければ安いほど、よいとは限りません。安いなりにはそれなりの理由があるはずです。

たとえば広告費を減らすことでリーズナブルな費用を実現している塾もあれば、サポート体制を削っていたり、安い賃金でも働いてくれる講師を採用していたりする塾もあります。

相場よりも費用が安い塾を見つけたら、まずは次の点に注意をして塾を見極めてください。

サポート体制が子どもにとって十分かどうか

まずはサポート体制が子どもにとって十分な内容かどうかをチェックしましょう。「授業以外でも質問ができるか」「学習相談や進路相談にのってくれるか」「授業を欠席した場合の振替えや、フォローがあるか」などです。

すべてのサポートが、子ども全員に必要とは限りません。どのようなサポート体制が欲しいのかをよく検討し、希望のものが整った学習塾を選ぶようにしてください。

トータルの費用を確認する

提示されている授業料が安かったとしても、入学金や教材費、季節講習費、特別講座費などで、思っていた以上に支出がかさんでしまうこともあります。

大学受験が目的の塾通いは、長期間にわたることが少なくありません、入塾前に年間を通してどのくらいの費用が必要となるかを、計算して比較することが大切です。

【高校生】大学受験対策で失敗しない塾の選び方

大学受験対策の塾を選ぶ場合、絶対に欠かせないのが通塾する目的を明確にすることです。「受験勉強をしたい」といった漠然とした目的ではなく、より具体的に「数学が苦手なので克服したい」「大学入学共通テストの対策をしたい」「英語のリスニング対策をしたい」など、深堀した目的をはっきりさせてください。

学習塾といっても塾やコース、講座によってカリキュラムはバラバラです。塾に通う目的が明確になれば、おのずと通うべき学習塾も見えてきます。失敗しない塾の選び方についてはこちらの記事でも解説しているので、ぜひ参考にしてください。

【高校生の塾選び】失敗しない!選び方のポイントを徹底解説

大学受験に向けたおすすめの安い塾

最後にベスト塾ガイドがおすすめする、大学受験対策ができる安い塾を全部で5カ所紹介します。

安いおすすめ塾①:城南コベッツ

最初の安いおすすめ塾は、城南コベッツです。北海道から沖縄県まで、日本各地に教室を持っている個別指導塾です。

塾の費用

高校3年生が週1回通った場合、月の授業料目安は約21,600円です。詳細はこちらの記事でも解説しています。面談と学習アドバイスが含まれている無料体験もあるので、気軽に利用してみてください。

塾の特徴

城南コベッツは大学受験予備校の、城南予備校DUOと同じ城南進研グループの一員です。50年以上の大学受験指導でつちかった勉強法と進路指導が蓄積されており、学校の定期テストから難関大学受験まで幅広いニーズに対応します。

授業は講師1人に対して生徒が2人付く、個別指導スタイル。講師による解説を受けた後は、生徒自身で問題演習に取り組みます。講師が生徒の理解度に合わせて問題を選んでくれるため、無理なく集中してこなせます。

学習計画は完全オーダーメイド。授業スケジュールから普段のカリキュラムまで細かく設定され、しっかりとした学習管理で志望校合格まで進んでいけます。城南コベッツについてはこちらの記事でも解説しているので、ぜひ目を通してみてください。

【期間限定】今なら当サイトから入塾でamazonギフト券5,000円分プレゼント!
教室を探して、問い合わせる
城南コベッツの紹介ページはこちら

安いおすすめ塾②:個別指導学院フリーステップ

個別指導学院フリーステップは、関東と関西で複数の教室を持っている個別指導塾です。

塾の費用

高校3年生が週1回通塾した場合、月額費用の目安は約20,900円です。料金についてはこちらの記事でも解説しています。

授業1回分の無料体験、入塾後は4回分の授業料が無料、さらに2022年4月2日までの入会で入会金ゼロ円とクオカード2,000円分のプレゼントキャンペーンがあります。

塾の特徴

個別指導学院フリーステップは、大学受験に強い個別指導塾です。

塾独自の研究機関「フリーステップ教育技術研究所」が最新の大学入試問題や過去問題を徹底分析し、研究結果を教材開発やオリジナルツールに活用。最新の傾向に沿ったオリジナル教材も充実しており、勉強が合格へダイレクトにつながります。

また大学受験予備校大手の代ゼミサテライン予備校と連携し、映像授業の視聴が可能。個別指導との組み合わせで、高校生の解答力をしっかり鍛えられます。

授業は講師1人に対して生徒が2人付く、個別指導スタイルです。解説と問題演習を交互におこない、学んだ知識を定着させます。塾の詳細はこちらの記事でも解説しているので、ぜひご覧ください。

【期間限定】今なら当サイトから入塾でamazonギフト券5,000円分プレゼント!
教室を探して、問い合わせる
個別指導学院フリーステップの紹介ページはこちら

安いおすすめ塾③:毎日個別塾5-Days

3つ目は毎日個別塾5-Daysです。広島県を中心に福岡県や大阪府、東京都などに教室を持っています。

塾の費用

高校3年生が週1回通塾する場合、月の授業料目安は約14,520円です。料金についてはこちらの記事でも解説しています。各教室で定期的に入塾金無料や、無料体験などのキャンペーンをおこなっているので、こまめに情報をチェックしておくとよいでしょう。

塾の特徴

最大の特徴の一つが、定額で通い放題であることです。週1回や2回といった少ない回数ではなく、希望すれば同じ授業料で、週5回の通塾もできます。

毎日個別塾5-Daysでは成績アップに向けて考えているのが、適切な学習環境づくり。入塾後に一定の通塾回数を保つことで学習習慣を形成し、一人でも勉強できるようになったら通塾頻度を下げていきます。

また無料の補習や授業の振替え、受験指導、進路相談の開催といったサポート体制も充実。振替え指導の回数は無制限のため、回数を気にせずに受講できます。毎日個別塾5-Daysについてはこちらの記事でも解説しているので、ぜひご覧ください。

【期間限定】今なら当サイトから入塾でamazonギフト券5,000円分プレゼント!
教室を探して、問い合わせる
毎日個別塾5-Days(ファイブデイズ)の紹介ページはこちら

安いおすすめ塾④:ITTO個別指導学院

学校の授業補習から大学受験対策までカバーするのが、ITTO個別指導学院です。日本全国に1,166カ所の教室を運営しています。

塾の費用

高校3年生が週1回通塾する場合、月の授業料目安は約11,420円です。詳細はこちらの記事をご覧ください。

塾の特徴

ITTO個別指導学院では長年の個別指導実績で培ったノウハウで、高校生の大学受験対策をしっかりサポート。学年や学力、目的に合わせた個別指導をおこないます。

授業スタイルは1対1の「フリープラン」と、講師1人に対して生徒が最大3人まで付く「スタンダードプラン」の2種類。ニーズや希望に沿って選択できます。

講師は塾独自の研修を受け、より質の高い授業をおこなえるように日々研鑽に努めています。さらにSS(スペシャルセレクト)講師と認定されたハイレベルな講師も在籍し、別途料金は必要ですが、希望に応じて指名が可能です。

塾の詳細はこちらの記事でも解説しています。

【期間限定】今なら当サイトから入塾でamazonギフト券5,000円分プレゼント!
教室を探して、問い合わせる
ITTO個別指導学院の紹介ページはこちら

安いおすすめ塾⑤:個別教室のトライ

最後のおすすめ塾は個別教室のトライです。全国に直営教室を607カ所持っています。

塾の費用

高校3年生が週1回通塾する場合、月の授業料目安は約34,668円です。料金についてはこちらの記事でも解説しています。無料体験授業を開催しているので、お試し感覚でご利用ください。

塾の特徴

「高校生のコース」では大学受験対策や内部進学対策、苦手科目克服など、高校生が持つさまざまなニーズに対応。オーダーメイドのカリキュラムを作成し、完全マンツーマン指導で勉強を進めていきます。

授業内容を講師が毎回レポートし、学期末などには教室長兼教育プランナーが面談を実施。授業内容や授業の成果をふり返りながら、必要に応じてカリキュラムを修正していきます。

国公立大学や私立大学、大学入学共通テスト、AO入試・推薦入試と、あらゆる試験形態をサポートしてくれます。個別教室のトライについてはこちらの記事でも解説しているので、ぜひご覧ください。

【期間限定】今なら当サイトから入塾でamazonギフト券5,000円分プレゼント!
教室を探して、問い合わせる
個別教室のトライの紹介ページはこちら

まとめ

大学受験を目指す高校生が塾や予備校に通うことで、勉強時間を確保できる、勉強へのモチベーションを保てる、大学受験の情報収集ができるといったメリットが生まれます。

塾の中には今回紹介したような、安くてリーズナブルな料金で通えるところもあるので、利用を検討してみてはいかがでしょうか。無料体験をおこなっている塾もたくさんあるため、お試し感覚で利用してみるのもおすすめです。

・関連記事 ~この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます。

もっと高校生向けの塾を知ろう!
【高校生の塾選び】失敗しない!選び方のポイントを徹底解説
高校生向けのおすすめ学習塾10選!特徴・サポート体制も比較チェック
塾ってどんなところ?通う目的や塾の特徴を徹底解説!
塾の体験授業って何するの?目的やメリット、流れを解説

近くの塾を探す